環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究評価の取組 > 平成26年度第1回研究審査会コメント2

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月6日

 平成26年度第1回研究審査会コメント2

研究課題

河川水中ネオニコチノイド系殺虫剤濃度の年間変動

研究審査会コメント

  • 水量や降水量等の基礎データも比較検討していただき、濃度の季節変化(年間変動)が決まるプロセスまで明らかにしていただけると良いと思う。
  •  組織としてのオリジナリティを出すために、自然環境グループや農試関係の機関とも連携して調査するような計画にすべき。
  • これまでの背景から考えて、例えば自然環境グループと協議して設定目標の範囲等について検討することが望まれる。
  • ネオニコチノイド系殺虫剤濃度に係る県内の実態解明は、環境科学研究の課題であるとともに、県水質行政の観点からも重要である。
  • 現状の把握は重要であるが、常に基礎的な部分を意識した研究を進めて欲しい。
  • ネオニコチノイド系殺虫剤濃度の面的、時間的変動情報は現状把握にとどまらず、今後の対策を立案・実施するうえでも有用な情報となりえる。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?