環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究評価の取組 > 平成26年度第1回研究審査会コメント1

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月6日

平成26年度第1回研究審査会コメント1

研究課題

浮遊細菌の構成種から見た埼玉県内河川の水質特性評価

研究審査会コメント

  • 調査対象河川として、冬場の水質汚濁が指摘されている農業用水にも広げたほうが、見通しを立てやすいのではないかとも思われる。
  • 汚濁物質の分解に関与する浮遊細菌が特定できれば、特許としての登録、水質浄化システム構築の実用化への研究展開も期待される課題と考える。
  • 流況が大きく異なる場合があるので、水質指標等の検討の際にはこの点も考慮する必要があるかもしれない。
  • 本研究の実施や成果が、例えば河川水質の評価指標の体系、水質浄化対策にどのようにつながるか、成果の活用策についてもさらに検討していくことが求められる。
  • 非常に興味ある研究対象であり、積極的に研究を進め論文誌に論文を投稿してもらいたい。
  • 湖沼で得た浮遊細菌を河川に拡大してその実態やメカニズムを把握しようというユニークな研究であり、あらたな水質現象解明の端緒となる可能性がある。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?