環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究評価の取組 > 環境科学国際センター 平成25年度第2回研究審査会コメント5

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月6日

環境科学国際センター 平成25年度第2回研究審査会コメント5

研究課題

埼玉県における回遊魚の遡上及び陸封に関する実態把握

研究審査会コメント

  • 一般県民にとっても興味深いテーマであり、分かりやすい情報である。ホームページやSNSを利用した迅速な情報発信を期待する。
  • 様々な機関の協力体制の下で幅広く現地調査を実施し、学術的にも興味ある成果が得られている。成果の見える化や環境教育の面からも研究が進んでおり、今後の成果が期待される。
  • 今後の調査研究の継続、発展が期待される。
  • 本研究の成果は、県民への情報提供を通じた環境学習への展開とともに、河川環境の再生・整備への応用(河川行政)や自然環境の保護(環境行政)、漁業資源管理への応用など、多面的な発展の可能性が認められる。
  • 得られた成果を分かりやすくまとめ、学術的にも、政策的にもアウトリーチしてほしい。標識アユの調査研究では、多くのステークホルダー(NPO、県民)を巻き込んだユニークな調査となっており、環境教育の面でも有効な調査である。
  • 高度経済成長期の環境悪化により減少した埼玉県内の回遊魚の遡上が、回復しつつあることを県民に示すことで、環境保全に寄与できると思う。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?