環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究評価の取組 > 環境科学国際センター 平成24年度第2回研究審査会コメント4

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月6日

環境科学国際センター 平成24年度第2回研究審査会コメント4

研究課題

廃棄物処理における省エネと温室効果ガスの発生抑制

研究審査会コメント

  • 焼却施設の統合で、かえってGHG排出量が増える可能性の指摘、廃プラを焼却に混ぜることによる廃棄物発電の効率化など、より多面的な検討を進められることを期待する。
  • GHG削減効果を科学的に示すことによって、住民側から見た場合に迷惑施設ととらえられる焼却施設の社会的な役割を理解してもらうことが重要と考える。
  • コスト面や新たに生ずる問題点も含めて、今後の展開や可能性について検討することを期待したい。
  • 本研究は、温暖化対策・エネルギー対策の観点を踏まえた一般廃棄物処理に伴う実態の解明と課題の抽出を研究目的としており、今日の環境行政において緊急性の高いテーマ設定である。
  • 本研究で得られた研究知見や成果は、県の廃棄物対策及び温暖化対策、また県内自治体の廃棄物対策への活用も期待できるものであり、県民への積極的な情報の提示とともに、関連行政との連携に取り組むことが求められる。
  • 廃棄物処理からのGHG排出量の予測が可能となるなど、現状の廃棄物処理の抱える課題解決に資するとともに、廃棄物行政への貢献は大である。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?