環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究評価の取組 > 環境科学国際センター 平成24年度第2回研究審査会コメント2

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月6日

環境科学国際センター 平成24年度第2回研究審査会コメント2

研究課題

カオリン及び関連粘土中のダイオキシン類分布調査と環境負荷量推定

研究審査会コメント

  • 基盤研究として学術的にも非常に貴重な成果が得られた研究として評価したい。
  • 研究の着眼点が良く、今後の発展が期待される。
  • これまで研究蓄積の少ない日本のカオリン等の粘土中のダイオキシン類の濃度分布及び環境負荷量について全国レベルの動態を解明したことは、新たな知見の獲得であり、学術的な面から新規性や重要性が認められる。
  • 従来安全な物質と考えられていたカオリンに低濃度とは言え、ダイオキシン類が含有されているという重大な研究結果が得られた。
  • どういう原因でカオリンにダイオキシン類が含有されているか、さらに研究調査を進める必要があろう。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?