環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究評価の取組 > 環境科学国際センター 平成24年度第2回研究審査会コメント1

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月6日

環境科学国際センター 平成24年度第2回研究審査会コメント1

研究課題

熱中症予防対策のための簡易な大気熱環境指標の検討

研究審査会コメント

  • 現時点で手に入るデータを活用してタイムリーに住民への警報を出すシステムの構築に向けて有用な手法が開発できた。
  • 熱環境ストレスに対して県民に注意を可視的に喚起する基盤をいち早く構築、整備しようとし、概ね初期の目標は達成できたものと考える。
  • この種の研究は実際に試行してみて、その情報伝達や有効性について検討することも重要と考えられることから、今後の発展を期待したい。
  • 熱中症情報の推計手法や情報発信手法等において簡素化が工夫されており、研究成果の行政施策、特に普及啓発施策への活用等、政策貢献を期待したい。
  • 得られた簡易推定式は、よりきめ細かな熱中症対策、ヒートアイランド対策に結び付くとともに、地域住民も常にそうした値に関心をもち、活動・行動に活かせる可能性があるので、今後の成果の普及に期待したい。
  • 防災行政無線なども活用し、早急な実用化・運用を望む。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?