環境科学国際センター > 試験研究の取組 > 研究評価の取組 > 環境科学国際センター/23年度研究審査会コメント4

ここから本文です。

 

掲載日:2019年2月6日

環境科学国際センター/23年度研究審査会コメント4

研究課題

地質地盤インフォメーションシステムの運用と地球環境特性の解析

研究審査会コメント

研究目標はどこにあるか,ペネ試料の利用可能性に関し,どのような新たな知見が得られたかを,明確に説明して欲しかった。地質地盤資料集の作成,HPによるデータの提供は有意義である。より多くのペネ試料を用いて経時変化を考慮した標準的方法や傾向を把握することにより,全含有量以外にも利用範囲の拡大が期待される。地質情報と汚染物質情報を複合させることで,地下開発や利用,緊急時の地下水利用などに有用な情報を提供することができる。中長期的に必要とされる情報を明確にして,研究を発展させることを期待する。地質地盤情報の整備とペネ試料の科学的応用は、研究目標を分けた形で発表するほうが適切であった。ペネ試料の応用例に留まっているが、今後は科学的な研究へと発展することを期待する。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究企画室

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?