ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月24日

気候変動サイエンスカフェ Climate Change Science Cafe

温暖化で鹿が増え過ぎている? ー県内の森林被害の現状と対策ー

埼玉県では、近年、シカが大幅に増加し、樹皮剥ぎによる森林の衰退など、影響が顕在化しています。そこで、シカが今どのくらい増えているのか、それは温暖化の影響なのか、どのような問題を引き起こしているのかを、埼玉県の森林を知り尽くし、ハンターとしても活動している「埼玉の森林を考える会」の森田厚さんに紹介していただきます。
また、講座終了後、希望者を対象に、「NPO法人いろいろ生きものネット埼玉」主催による、鹿肉加工品の試食と情報交換会(参加費300円)を行います。

シカ♀ シカ皮剝

講師

スピーカー 森田 厚(埼玉の森林を考える会)

ファシリテーター 角田裕志(埼玉県環境科学国際センター 自然環境担当主任)

日時:2019年11月27日(水曜日)18時30分~20時00分(開場18時)

場所:貸会議室6F(ロクエフ)(大宮駅東口徒歩1分)さいたま市大宮区宮町1-5 銀座ビル6階

参加費:

サイエンスカフェ:無料(お菓子と飲み物付き)

鹿肉加工品の試食と情報交換会に参加される方は:300円(シカソーセージ、お茶・ジュース・ビール等)

定員:40名(先着順)定員を超えた場合はこちらから連絡させて頂きます。

申込方法

氏名、人数、情報交換会参加希望の有無を明記の上、ファックス、電子メールでお申込みください。

申込み・問合せ先

メール:g7383312@pref.saitama.lg.jp、ファックス:0480-70-2031、電話:0480-73-8365、空席があれば当日参加も可能です。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究推進室  温暖化対策担当 武藤洋介

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?