ここから本文です。

 

掲載日:2019年7月26日

高温耐性品種の育成

埼玉県農林部では、近年増加しているイネの高温障害対策として、高温耐性品種の育成に取り組み、2012年に新品種「彩のきずな」をリリースしました。このような高温耐性品種の育種は、現在既に起きている高温障害の対策として役立つ技術ですが、将来の気温上昇に対する適応策としても重要な取組です。

高温耐性品種彩のきずな

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部 環境科学国際センター 研究推進室  温暖化対策担当

郵便番号347-0115 埼玉県加須市上種足914 埼玉県環境科学国際センター

ファックス:0480-70-2031

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?