Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > しごと・産業 > 農業 > 農地整備 > 特殊肥料の品質表示等について

ここから本文です。

 

掲載日:2018年11月28日

特殊肥料の品質表示等について

特殊肥料のうち「堆肥」及び「動物の排せつ物※」は、その品質についての表示が必要になります。埼玉県内でこれらの肥料を生産する場合は、次の表示例を参考に肥料の袋に印刷するなどして表示してください。

平成13年10月15日から、動物由来たん白質を原料として使用されたものの表示方法が変わりました。

※特殊肥料のうちの「家畜及び家きんのふん」及び「家畜及び家きんのふんの処理物」が平成12年10月1日から「動物の排せつ物」に変わりました。

表示例

表示例の画像

表示に当たっての主な注意事項

  • (1)表示例中の※については、次のことに注意してください。
    • (※1)届出した肥料の名称を記入してください。
    • (※2)動物の排せつ物の場合は動物の排せつ物と記載してください。
    • (※3、※4)県名及び届出受理番号を記載してください。届出が済んでいない場合は特殊肥料生産業者届出が必要です。
    • (※5)届出したとおりに記載してください。
    • (※6)正味重量はキログラム単位で記載してください。ただし、容量表示としてリットル単位で併記することができます。
    • (※7)生産)した年月の記載方法は(1)平成18年4月(2)18.4(3)2006.4のいずれか例によります。
    • (※8)生産に当たって使用された重量の大きい順に、その旨を明記してください。動物由来たん白質(牛由来等)が使用されたものについては、記載方法が異なりますのでお問合せください。尿素、硫酸アンモニアその他の腐熟を促進する材料が使用されたものについては、「腐熟を促進するために○○を使用したものである。」(○○には材料名を明記)と記載してください。
    • (※9)現物当たりで記載することが原則です。現物当たりの数値で記載することが困難な場合には、「主要な成分の含有量等」を「主要な成分の含有量等(乾物当たり)」として、乾物当たりの数値及び水分含有量を記載してください。
    • (※10)銅全量については、豚ぷんを原料に使用し、現物1キログラム当たり300ミリグラム以上含有する場合に記載してください。
    • (※11)亜鉛全量については、豚ぷん又は鶏ふんを原料に使用し、現物1キログラム当たり900ミリグラム以上含有する場合に記載してください。
    • (※12)石灰全量については、石灰を原料に使用し(飼料に添加されるものを含む)、現物1キログラム当たり150グラム以上含有する場合に記載してください。
    • (※13)炭素窒素比は、整数で表示してください。水分含有量については、成分の含有量を乾物当たりで表示する場合に、炭素窒素比の表示の下に、小数点以下第1位までの数字を記載してください。
  • (2)主要な成分の含有量の表示単位は、パーセント又は(%)、1キログラム当たりミリグラム又は(mg/kg)と記載してください。窒素全量、りん酸全量、加里全量、石灰全量については、小数点以下第1位まで表示してください。炭素窒素比、銅全量、亜鉛全量は整数で表示してください。
  • (3)窒素全量、りん酸全量、加里全量の測定結果が現物当たり0.5%未満の場合は「0.5%未満」と記載することができます。
  • (4)表示は、容器や包装を用いる場合には肥料の最小販売単位ごとにその外部の見やすい箇所に表示事項を印刷するか、又は表示事項を記載した書面を容器や包装から容易に離れない方法で付して行います。また、容器や包装を用いない場合は表示事項を印刷した書面を荷口に付して行なってください。
  • (5)肥料の正味重量が6キログラム未満の場合は、様式の寸法は適宜変えてください。
  • (6)主要な成分の含有量等の表示値については、誤差の許容範囲が定められています。成分ごとの範囲は、窒素全量、りん酸全量、加里全量については、表示値が3%以上の場合は表示値のプラスマイナス10%、表示値が3%未満の場合は絶対値でプラスマイナス0.3%です。炭素窒素比、銅全量、亜鉛全量については、表示値のプラスマイナス30%、石灰全量、水分含有量については、表示値のプラスマイナス10%です。
  • (7)ここで表示することが定められた事項以外は、この品質表示の枠の中に記載することはできません。肥料によってはこの他に注意すべき事項がありますので、お問合せください。

お問い合わせ

農林部 病害虫防除所  

郵便番号360-0102 埼玉県熊谷市須賀広784 農業技術研究センター内

ファックス:048-539-0663

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?