Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2017年12月18日

埼玉県の取り組み

病害虫及び雑草の防除は、農業生産の安定、農産物の品質向上、農作業の効率化など、農業経営上、重要な役割を果たしています。

また、近年の病害虫の発生は、農作物の種類や栽培体系の多様化、今までに見られなかった新しい病害虫の発生等により、ますます複雑化する傾向にあることから、的確な防除の実施は以前にも増して重要になっています。

しかし、防除手段の中心となっている農薬の使用に当たってはその使用方法を誤ると、期待した防除効果が現れないばかりか、農作物、人畜・魚介類や自然環境に悪影響を及ぼしかねません。

環境保全への関心、消費者の安全な食料への関心の高まりを受け、農産物に係る残留農薬基準等の追加設定が進んでおり、農薬の使用に当たっては、これらの基準値等に十分配慮しながら、危被害の防止、農作物中の農薬残留の防止、環境汚染の防止などの徹底を図る必要があります。

したがって、このように生産性との調和をはかり環境保全に配慮した、安全で効果的な防除を実施するためには、
第一に病害虫発生予察情報等を活用して病害虫の発生状況に即応した防除を心掛けること。
第二に農薬を使用する場合には、農薬安全使用基準を遵守し、効果的な防除によりその使用量を最小限にとどめること。
第三に耕種的防除法など最大限に取り入れ、農業のもつ物質循環機能などを活かした持続的農業の実施に努めることが必要です。
(そのほか、地域によっては必要に応じて広域防除体制の整備を図ることも重要です。)

埼玉県では、この基本的な考えに基づき、農薬の適正使用を図ることとあわせ、「有機100倍運動」で西暦2010年までに化学農薬と化学肥料の使用量を1995年の半分にするよう県をあげて取り組んでいます。

安全で安定した食料生産に向けた埼玉県(病害虫防除所)の取り組みに、御理解いただきますようお願いいたします。

お問い合わせ

農林部 病害虫防除所  

郵便番号360-0102 埼玉県熊谷市須賀広784 農業技術研究センター内

ファックス:048-539-0663

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?