トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2020年度 > 2021年3月 > 県内で生産されたヒレナガニシキゴイが初めて輸出されました

ページ番号:194082

発表日:2021年3月4日11時

ここから本文です。

県政ニュース

県内で生産されたヒレナガニシキゴイが初めて輸出されました

部局名:農林部
課所名:水産研究所
担当名:水産技術担当
担当者名:山口

直通電話番号:0480-61-0458
Email:g610458@pref.saitama.lg.jp

ヒレナガニシキゴイは、埼玉県水産研究所が作出したニシキゴイの新品種です。
このたび、県内生産者が養殖したヒレナガニシキゴイが初めて輸出されました。
ヒレナガニシキゴイは、上皇陛下が昭和52年7月、皇太子時代に水産研究所(当時、水産試験場)に来所された際、「インドネシアにヒレの長いコイがいるので、日
本のニシキゴイと交配してはどうか」との御助言をいただき、育成に着手したものです。
近年、国外からの問い合わせも多く、今後も継続的に輸出が見込まれています。
今後も水産研究所では、生産者へのコイヘルペスウイルス病などの防疫や輸出の指導を適切に進めます。

概要

1  輸出先等

令和3年2月18 日  アメリカ合衆国(ハワイ州)0 歳魚 (約15 cm)、1500 尾
令和3年2月22 日  カナダ(ブリティッシュコロンビア州)0 歳魚 (約15 cm)、 225 尾

2  輸出された品種

浅黄(あさぎ)、孔雀(くじゃく)、張分(はりわけ)、山吹(やまぶき)

報道発表資料(ダウンロードファイル)

 

 

県政ニュースのトップに戻る