Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 農林部 > 農林部の地域機関 > 加須農林振興センター > スポット情報 > 平成30年度 > JAほくさい行田園芸組合が奈良漬用白瓜の現地検討会を開催しました

ここから本文です。

 

掲載日:2018年7月10日

JAほくさい行田園芸組合が奈良漬用白瓜の現地検討会を開催しました

行田市では、地元の漬物業者と連携して奈良漬用白瓜の栽培が行われています。行田市近郊の農家では、明治初期に白瓜が多く生産されていました。

その白瓜を、おいしい漬物にしようと酒粕に漬けたものが大変評判となり、今日の行田の奈良漬となっています。

今年は、天候に恵まれて白瓜の生産は順調で、品質の良いものが7月初めに出荷できそうです。7月上旬から漬け込みを始め、最低でも半年、長いものでは2年近くかけて美味しい奈良漬にします。

奈良漬1

 

 

奈良漬2 

 

奈良漬3

 

 


お問い合わせ

農林部 加須農林振興センター 技術普及担当 平野

郵便番号347-0054 埼玉県加須市不動岡564-1 加須農林振興センター 1階

ファックス:0480-61-2481

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?