ページ番号:110859

掲載日:2019年2月7日

ここから本文です。

いちごの病害虫防除・新技術現地検討会を開催しました。

9月11日(月曜日)、大里農林振興センターでは、いちごの病害虫防除新技術現地検討会を開催しました。
検討会では、埼玉県農業技術研究センター、株式会社タイガー・カワシマから、いちごの栽培中に被害を及ぼす小さな害虫(ハダニ類やアブラムシ類等)や、うどんこ病の防除について、炭酸ガスや温湯を使用した新技術の実演、説明が行われました。
これらの技術は、化学農薬を使用せずに病害虫を防除する新しい技術として、注目されています。
いちごの生産者や関係機関の担当者計37人が参加し、熱心に質問をしたり、写真を撮ったりする様子が見られました。
大里農林振興センターでは、今後もいちごの栽培技術や新技術導入に向けた支援を行っていきます。 

 
 高濃度炭酸ガス処理技術の実演  

 高濃度炭酸ガス処理技術の説明

   
 温湯消毒の実演    

 

お問い合わせ

農林部 大里農林振興センター   農業支援部

郵便番号360-0831 埼玉県熊谷市久保島1373-1 埼玉県大里農林振興センター管理部・農業支援部

ファックス:048-526-2494

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?