トップページ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 農林部 > 農林部の地域機関 > 大里農林振興センター > 地域の話題 > 食品衛生法改正に対応した衛生管理研修会を開催しました

ページ番号:198327

掲載日:2021年5月19日

ここから本文です。

食品衛生法改正に対応した衛生管理研修会を開催しました

 令和3年5月7日(金曜日)、大里農林振興センターでは、熊谷保健所職員を講師に「食品衛生法の改正に対応した衛生管理研修会」を開催しました。大里・秩父地区で6次産業化でつけ物とそうざいの製造に取り組む農業者(密を避けるため参加者は事前決定)14名が参加しました。

食品衛生法の改正では、令和3年6月1日から小規模食品加工業者にもHACCPの考え方を取り入れた衛生管理が義務化されます。そのため、6次産業化に取り組む農業者も衛生管理計画を作成し、管理記録の保管をする必要があります。

研修会では法改正についての簡潔な説明の後、業界団体作成のひな型をもとにその場で衛生管理計画の作成を行いました。農業者によるつけ物製造などでは、品目や原料農作物がそれぞれ異なり、書類作成に不慣れな方はひな型を見ても自己の実態と異なる項目に混乱することがあります。しかし、今回は業種を絞り込んで重要管理点を説明し、わからないところは保健所職員に相談しながら、各自の実情に沿った項目を様式に記載してもらうことで、翌日から実践できるようになりました。
参加者からは、「取り組まなければならないとは思っていたので、助かった」「作っているものにあわせた個別の説明で勉強になった」等の感想がありました。

また、6次化産品を販売する店舗関係者からも出席の希望がありましたが、今回は密を避けるためにお断りしました。なお、当日参加できなかった関係者にも取組の内容を周知していく予定です。

 

kensyuunoyousu1

研修の様子1

 

HACCPとは? 必要性とすべきことをとても簡潔に説明してもらいました。

 

 

 

kensyuukai2

研修の様子2

 

自分の加工所にあわせるため、分からないことは個別に質問しながら衛生管理計画を書いていきます。

 

 

 

お問い合わせ

農林部 大里農林振興センター   農業支援部

郵便番号360-0831 埼玉県熊谷市久保島1373-1 埼玉県大里農林振興センター管理部・農業支援部

ファックス:048-526-2494

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?