ページ番号:185600

掲載日:2020年10月29日

ここから本文です。

児玉地域の農業用水

児玉地域の概要

 児玉地域は、埼玉県の北西部、首都圏80km圏に位置し、本庄市、美里町、神川町及び上里町の1市3町からなり、北部は利根川と神流川による肥沃な土壌に恵まれた平地が広がり、南部は丘陵や山林が広がっています。

 この地域は、一級河川神流川に設置された神流川頭首工(神川町、農業用水取水堰)から取水した農業用水を主に利用し、児玉地域のほか深谷市や群馬県藤岡市の一部を含む約4,000haの農地で、米麦をはじめ野菜、果樹、花きの生産が盛んで、県下有数の農業地帯となっています。

児玉地域の農業用水

 昭和30年代前半までは農業用水不足や用水施設の不備などにより、農地が未整備のままで農業生産性は低い状況でしたが、下久保ダムの建設(S34~S43)により、安定した農業用水が確保され、国営農業水利事業(S42~S54)が実施されました。

国営事業により神流川頭首工や幹線用水路などが整備され、これを契機にほ場整備事業などを実施した結果、現在の児玉地域におけるほ場の整備率は県内随一の89%となっていて、効率的な農業が展開されています。

 しかし国営事業の完成後、30年以上が経過し用水施設の老朽化に伴う機能低下が進んだため、再度、国営土地改良事業(H16~H24)により神流川頭首工、調整池、幹線用水路などの改修や新たな用水路が建設され、施設の維持管理費の低減や営農の実態に合った用水の配分が図られました。

 児玉地域の代表的な農業用施設

tosyukozentai

(神流川頭首工)

tinsyati

(神流川頭首工沈砂地)

aoyagibunsuiko

(青柳分水工)

yorishimabunsuiko

(寄島分水工)

kamisatokansen

(上里幹線吞口調整池)

hatsudensyo

(小水力発電所と調圧水槽)

mazeko

(間瀬湖)

お問い合わせ

農林部 本庄農林振興センター  

郵便番号367-0026 埼玉県本庄市朝日町一丁目4番6号 埼玉県本庄地方庁舎2階

ファックス:0495-22-6283

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?