トップページ > イベントカレンダー > 角川武蔵野ミュージアム植菌'g(ショッキング)

ページ番号:224742

掲載日:2022年12月1日

ここから本文です。

角川武蔵野ミュージアム植菌'g(ショッキング)

ほだ木にシイタケ菌を植菌している様子

三富地域では300年以上も前から、木を植えて平地林(雑木林)を作り、平地林の落ち葉を集めてたい肥を作り、たい肥を畑に撒いて美味しい野菜を作ってきました。しかし平地林の木が薪・炭として使われなくなり、木は高齢化しています。平地林の木は、伐って育てて使うことで健全に保たれます。平地林が健全でないと、おいしい野菜も作れなくなります。そこで、平地林で育った木を切って作ったほだ木に、シイタケの菌を打ち込む体験を通して三富地域の農業や、平地林について考えてみませんか。
参加者にはお土産としてホウレンソウ(予定)の他、シイタケが出るまでに育てた、ほだ木をお持ち帰りできます。お家でシイタケを収穫してみよう!
打ち込み体験の他に、角川武蔵野ミュージアム内のレクチャールームにて「三富地域の農業のお話」、ミュージアムの見所や一部バックヤードを紹介する「ミュージアム見学ツアー」を行います。

対象

小・中学生
※小学生以下は植菌時保護者同伴必須

日時

令和5年1月28日(土曜日)10時15分~14時10分

場所

名称

角川武蔵野ミュージアム

所在地

所沢市東所沢和田3-31-3

電話番号

0420038700

ホームページ

角川武蔵野ミュージアム(別ウィンドウで開きます)

費用

無料

申し込み

1月16日(月曜日)までに、参加者の氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス(アドレスを持っている方のみ)、保護者氏名、保護者の同伴の有無(小学生は保護者同伴必須)、保護者が同伴する場合は保護者のミュージアム入場希望有無、同伴しない場合は子供が参加することへの保護者の同意があることを明記して、メール・ファックス・ハガキのいずれかで県川越農林振興センター管理部三富農業・地域支援担当(郵便番号350-1124、川越市新宿町1-17-17ウェスタ川越公共施設棟5F、ファックス049-243-7233、メールr4218103@pref.saitama.lg.jp)までお申し込みください。ハガキの場合16日必着です。
なお、詳細ページのリンク先「さんとめねっと」からの申込フォームでもお申し込みが可能です。
応募者多数の場合、抽選となります。

備考

定員30名
身支度は植菌体験できる服装(汚れてもよい服装)、防寒着、軍手、飲み物
お昼を挟んでのイベントになります。昼食は各自、サクラタウン等でお取りいただくか、お弁当を持参してください。ただし、ミュージアム館内でお弁当の飲食はできません。
雨天決行(雨天時は屋根のある場所で植菌体験を行います。ただし、植菌体験の一部工程を省略する可能性があります。)
※マスクは必ず着用すること。
※保護者が「ミュージアムの見学ツアー」に同伴される場合はチケット代として別途1,200円かかります。(受付時の支払いになりますの、お釣りが出ない様ご用意願います。)
※レクチャールームで行う、「三富地域農業のお話」に保護者が同行する場合は、チケットを購入する必要はありません。無料です。ただし、チケットを購入しない場合の同伴は1名までとさせていただきます。
※イベントの様子を撮影し、ホームページ等に掲載(顔が判別できるような写真は使用しません。)する予定です。掲載に問題がある場合は、事前にその旨を申し出てください。
※コロナの感染拡大状況によっては、中止となりますのでご承知ください。

詳細ページへのリンク

さんとめねっと

お問い合わせ

県川越農林振興センター三富地域農業振興協議会窓口(049-242-1808)

お問い合わせ

農林部 川越農林振興センター 三富農業・地域支援担当 藤澤史宜

郵便番号350-1124 埼玉県川越市新宿町一丁目17番地17 ウエスタ川越公共施設棟5階

ファックス:049-243-7233