トップページ > イベントカレンダー > 「三富地域の平地林をナラ枯れから守るために」講演会を開催します

ページ番号:209465

掲載日:2021年12月27日

ここから本文です。

「三富地域の平地林をナラ枯れから守るために」講演会を開催します

カシノナガキクイムシによって「ナラ枯れ」したコナラ

三富地域の平地林は、堆肥として利用する落ち葉の供給源であるとともに、地域独自の地割景観を作る上で重要な要素です。しかし昨年ごろから、平地林の主要樹種であるナラにカシノナガキクイムシによる「ナラ枯れ」被害の拡大が確認されています。枯れたナラの高木は物理的にも費用的にも簡単に伐採できないことに加え、倒木による人家への被害も懸念されるほか、農用林としての機能や景観にも影響を及ぼしかねません。
このため、「ナラ枯れ」とは何なのか、どうして発生するのかを、そして三富地域の平地林を「ナラ枯れ」から守るためにはどうしたらいいのかについて、ナラ枯れの研究の権威である神戸大学大学院農学研究科森林資源学研究室の黒田教授の講演を通じ、皆さまと考えていきたいと思います。

対象

どなたでも(インターネットに接続可能な方に限ります。)

日時

令和4年2月2日(水曜日)13時30分~15時30分

場所

名称

ZOOMウェビナー

所在地

ZOOMウェビナー

費用

無料

申し込み

ZOOM配信希望者は1月28日(金曜日)まで、YouTube視聴希望者は2月28日(月曜日)までに、メール(参加希望者の氏名、メールアドレス、参加方法((1)ZOOM配信、(2)YouTubeアーカイブ視聴、(3)両方のいずれか)を明記)で県川越農林振興センター管理部三富農業・地域支援担当(メールr4218103@pref.saitama.lg.jp)へお申し込みください。お申し込みをした方には後日、資料(PDF形式)と接続先URLをお送りします。

備考

講師略歴:神戸大学大学院農学研究科森林資源学研究室黒田慶子教授
【略歴】1985年より森林総合研究室。2010年より神戸大学大学院農学研究科森林資源学研究室教授、日本森林学会の理事と会長を歴任。樹木医学会理事。
【専門】森林病理学、森林保護学。ナラ枯れやマツ材線虫病の発病メカニズムなどミクロな世界を研究する一方で、予防医学の観点から里山や人工林の健康維持に取り組む。
【著書】「森林病理学」朝倉書店(2020)、「ナラ枯れと里山の健康」林業改良普及双書(2008)

お問い合わせ

県川越農林振興センター管理部三富農業・地域支援担当(049-242-1808)

お問い合わせ

農林部 川越農林振興センター 三富農業・地域支援担当 藤澤史宜

郵便番号350-1124 埼玉県川越市新宿町一丁目17番地17 ウエスタ川越公共施設棟5階

ファックス:049-243-7233