ページ番号:180992

掲載日:2020年7月30日

ここから本文です。

低温・日照不足に対応した土壌消毒について(7月28日)

気象庁熊谷地方気象台の7月の気象データによると、本年は直近10年に比較して、最高気温、日照時間とも大幅に低く、少ない状況となっており、この状況は7月末まで続く見込みです。

このため、現在太陽熱土壌消毒を行っているハウスでは、地温の上昇不足により病原菌の死滅温度に達せず、防除効果が十分に得られない恐れがあります。

きゅうり抑制栽培など、定植作業までの処理期間が短く、土壌病害の発生が懸念されるハウスでは、薬剤を併用した土壌消毒を検討しましょう。

低温・日照不足に対応した土壌消毒について(7月28日)

 

お問い合わせ

農林部 さいたま農林振興センター 技術普及担当

郵便番号330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和五丁目6番5号 埼玉県浦和合同庁舎2階

ファックス:048-834-5366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?