ページ番号:186502

掲載日:2020年11月12日

ここから本文です。

サトイモ疫病対策について

県内でサトイモ疫病の発生が問題となっています。野良生えイモや前作の残さ、感染した種イモが次作の感染源になることが確認されています。野良生えイモや残さを埋めて分解させるとともに、種イモはしっかりと消毒を行いましょう。

また、生育早期の発病は大幅な減収につながります。予防を中心とした防除で早めの対策を心掛けましょう。

 

サトイモ疫病対策について(PDF:1,021KB)

お問い合わせ

農林部 さいたま農林振興センター 技術普及担当

郵便番号330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和五丁目6番5号 埼玉県浦和合同庁舎2階

ファックス:048-834-5366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?