ページ番号:155493

掲載日:2019年7月25日

ここから本文です。

彩のかがやき高温対策資料について

7月25日気象庁発表の1か月予報によると、向こう1か月の気温は高い確率が50%となっています。出穂後20日間の平均気温が27℃を上回ると、高温による白未熟粒の発生する危険性が高まります。以下のリンク先にある「彩のかがやき梅雨明け以降の高温に備えましょう!(7月25日)」を参考に、水稲の技術対策を実施してください。

なお、高温・高湿下での農作業は、熱中症を引き起こしやすいので注意してください。

彩のかがやき梅雨明け以降の高温に備えましょう!(7月25日)(PDF:267KB)

お問い合わせ

農林部 さいたま農林振興センター 技術普及担当

郵便番号330-0074 埼玉県さいたま市浦和区北浦和五丁目6番5号 埼玉県浦和合同庁舎2階

ファックス:048-834-5366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?