ページ番号:2976

掲載日:2020年3月26日

ここから本文です。

埼玉県におけるBSEの発見事例

平成13年11月29日にさいたま市と畜場へ搬入した牛130頭から、BSE疑陽性の牛1頭を発見しました。

11月29日

1 BSE陽性牛の概要

品種 ホルスタイン

性別 雌
生年月日 平成8年 3月 26日
月齢 68ヶ月齢
飼育地 群馬県勢多郡宮城村

2 とちく検査の状況

搬入時の稟告及び生体検査の所見

健康牛として搬入、特に異常なし

解体後所見及び措置

内臓 肝蛭症 肝臓全部廃棄

枝肉 筋炎左後肢約2Kg廃棄

3 BSEスクリーニング検査

Bio-Rad社製 BSEスクリーニングキットを使用
1回目、2回目ともに高い値を示したため、スクリーニング検査陽性と判定(写真1

11月30日

1 横浜検疫所輸入食品・検疫センター及び帯広畜産大学へ検体(延髄)を送付

2 食肉衛生検査センター、さいたま市、食肉市場及び内臓取扱業者による緊急四機関連絡会議を開催

  • 施設の洗浄・消毒、器具の消毒を実施(写真2
  • 該当する枝肉を隔離・保管
  • 内臓等の識別、確認、保管
  • 特定危険部位の隔離・保管
  • 29日に排出されたすべての廃棄物の隔離・保管
  • 30日にとさつ解体予定の牛を、畜主へ返送
  • 牛のとさつ解体作業の停止 (11月30日~12月5日)

3 夜半に横浜検疫所におけるウエスタンブロット法で陽性の判定(写真3

12月1日

廃棄物の焼却処分

12月2日

帯広畜産大学おける免疫組織化学法で陽性の判定(写真4

「第3回牛海綿状脳症の検査に係る専門家会議」において、BSE陽性が確定

12月3日

特定危険部位及び枝肉の焼却処分

BSE確定による、と畜申請者への措置命令書の交付

さいたま市と畜場での牛の搬入、とさつ解体を、12月5日まで自粛

お問い合わせ

保健医療部 食肉衛生検査センター  

郵便番号338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合五丁目18番24号

ファックス:048-853-7872

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?