トップページ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 保健医療部 > 保健医療部の地域機関 > 加須保健所 > 災害時に備えて家庭備蓄を始めましょう【災害対策】

ページ番号:177483

掲載日:2021年4月5日

ここから本文です。

【災害対策】災害時に備えて家庭備蓄を始めましょう 

2月13日の夜遅くに福島県沖で地震が発生し、埼玉県でも震度5弱を観測されました。

また、今月の3月11日に東日本大震災から10年が経ちます。

そして、南海トラフ地震や南関東直下地震など巨大地震の発生が今後予想されています。

これを機に、災害発生時の対応や日頃からの備えを改めて考えてみませんか。そこで、農林資産省が公表している「災害時に備えて食品の家庭備蓄を始めよう~乳幼児や高齢者向けの情報もご紹介~」の一部を御紹介します。

なぜ、食品備蓄が必要なの?

過去の経験によれば、災害発生からライフライン復旧まで1週間以上を要するケースが多くみられます。

また、災害支援物資が3日以上到着しないことや、物流機能の停止によって、1週間はスーパーマーケットやコンビニなどで食品が手に入らないことが想定されます。

このため、最低3日分~1週間分×人数分の食品の家庭備蓄が望ましいといわれています。

近年の主な自然災害によるインフラへの被害状況

  電気 水道 ガス

東日本大震災

(平成23年)

466万戸が停電

3日後に約80%

約3か月で復旧完了

257万戸が断水

1週間で57%

約6か月半で復旧完了

200万戸が供給停止

約2ヵ月で復旧完了

熊本地震

(平成28年)

48万戸が停電

約5日後に復旧完了

45万戸が断水

1週間で9割

約3か月半で復旧完了

10万戸が供給停止

15日間で復旧完了

大阪北部地震

(平成30年)

17万戸が停電

約3時間後に復旧完了

9.4万戸が断水又は減圧給水

約1日で復旧完了

11万戸が供給停止

約7日間で復旧完了

平成30年7月豪雨

11万戸が停電

約7日後に復旧完了

26万戸が断水

約1か月で断水解消

約2ヵ月で飲用水としての

復旧完了

数百戸が供給停止

約1日で復旧完了

北海道胆振東部地震

(平成30年)

295万戸が停電

1日半後に約99%

約1か月で復旧完了

6万戸が断水

1週間で約92%

約1か月で復旧完了

被害なし

食品などの陳列状況

  • 平成30年7月豪雨:水、包装米飯、カップ麺を中心に、1週間程度は、品薄、欠品が多い状態。
  • 北海道胆振東部地震:水、おにぎり、弁当類、食パン、粉ミルク、牛乳、納豆を中心に、1週間程度は、品薄、欠品が多い状態

備蓄食品の選び方

日頃から、栄養バランスや使い勝手を考えて各家庭にあった食品を選ぶことが大切。

  1. 家庭にある食品をチェックしましょう
  2. 栄養バランスを考え、家族の人数や好みに応じた備蓄内容、量を決定
  3. 足りないものを買い足す
  4. 賞味期限が切れる前に消費し、消費したものは買い足す。
  • 災害時災害直後は炭水化物ばかりになりがち⇒たんぱく質をとるためには缶詰がおすすめ
  • 便秘、口内炎など体調不良を起こしやすい⇒ビタミン、ミネラル、食物繊維をとるための野菜を常備

おすすめの備蓄食品

【主菜】肉や魚、大豆製品、卵などのたんぱく質を多く含む、食事のメインになるおかず
  • 肉、魚、豆などの缶詰
  • レトルト食品(丼やカレー、パスタソース等)
  • 充填豆腐
  • フリーズドライソース類(丼やカレー、その他のソース)
  • 乾物(かつお節、桜えび、煮干しなど)
【副菜】野菜の煮物やサラダ、汁物など。主食、主菜で不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維の供給源
  • 梅干・漬物・日持ちする野菜類
  • 野菜の缶詰(ホール、野菜類)
  • 乾物(のり、ひじき、切り干し大根、わかめ等)
  • インスタントみそ汁、即席スープ(粉末、フリーズドライ等)
【主食】ごはん、パン、そば、うどんなど、エネルギー源となるもの
  • 精米、無洗米、、パックご飯等
  • 小麦粉、米粉、もち
  • 乾麺、即席めん、カップ麺(そうめん、うどん、そば、パスタ)
  • 缶詰パン、乾パン
【果物】果物やフルーツの加工品など、ビタミン、ミネラルを補うもの
  • 日持ちする果物
  • 果物の缶詰
  • 果物ジュース
  • ドライフルーツ
【その他】
  • 牛乳、乳製品(ロングライフ牛乳、粉チーズ、スキムミルク)
  • 菓子、嗜好品
  • 調味料
  • その他(ふりかけ、ジャム、はちみつ等)

その他

  • 水の備え
  • 熱源の確保
  • あると便利な備蓄品
  • 個別の備え(要配慮者、乳幼児、高齢者、食物アレルギーの方)

等ここでは記載しきれない情報がありますので、続きが気になる方は以下から資料をご覧ください。

農林水産省「災害時に備えて食品の家庭備蓄を始めよう~乳幼児や高齢者向けの情報もご紹介~(令和元年8月)(PDF:4,071KB)

 

お問い合わせ

保健医療部 加須保健所  

郵便番号347-0031 埼玉県加須市南町5番15号

ファックス:0480-62-2936

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?