ページ番号:203448

掲載日:2021年8月30日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けた方へ

 現在、感染者数が過去に例を見ない規模で増加しており、陽性判定者への連絡・調査が遅れています。

 

 新型コロナウイルス感染症陽性の判定を受けられたことにお見舞いを申し上げます。

 今後の療養と身近な方などへの感染拡大を防ぐために、御協力をお願いいたします。

1 陽性判定後の流れ(調査について)

 陽性判定を受けた方(以下「感染者」)に対し、療養と感染拡大防止のために、保健所が調査を行います。

  • この調査は、医療機関から発生届が提出された後に電話によって聞き取るものです。

 *PCR等の検査結果が出た当日に行えない場合もありますので、保健所から連絡があるまでお待ちください。

 *携帯電話から電話することがあります。

  • 感染症法に基づく調査であり、個人情報は守られますので、安心してお答えください。
  • 東松山保健所における調査の種類は、以下のとおりです。(すべてを一度に行うこともあれば、

 別々に別の担当が行うこともあります。)

  1. 初回調査(氏名や住所等の基本情報、同居家族について確認します。)
  2. 健康状態の確認
  3. 行動調査

 

 *以上の調査の結果は、療養中に症状が悪化した場合の入院・ホテル等の調整に反映されることから、

 無症状の方についても行います。

2 療養期間

 感染者は、原則として「発症日」の翌日から最低10日間の療養が必要です。

 (発熱・呼吸器症状が継続している場合は、延長することがあります。)

 *「発症日」とは、病院で診察を受けた日や診断・判定を受けた日ではありません。

 *無症状の方は「検体採取日」の翌日から最低10日間の療養が必要です。(診断を受けた時点で無症状の方が療養途中で症状が出

 現した場合は、症状が出た日の翌日から最低10日間となります。)

 

 この期間中は、自宅・病院・療養ホテルから外へ出ることはできません。

 この期間を証する文書として、後日、東松山保健所から「患者等届出事項通知書」及び「就業制限解除通知書」を郵送します。

 *文書発行に際して感染者の手続は不要です。

3 療養の方法

  • 上記1の調査に基づき、感染者の療養方法を決定します。
  • 埼玉県は、感染者の療養先を病院・ホテルを原則としていますが、感染者が大勢いることから、

 多数の方が自宅で療養されています。

  • 自宅で療養される方は、療養期間中の健康観察等をショートメッセージや電話等で行います。

 *詳細につきましては、下記厚生労働省ホームページをご覧ください。

 厚生労働省「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)」

4 濃厚接触者について

  • 濃厚接触者とは、感染者からウイルスを受け取った(感染した)可能性が高い人のことです。

 (同居の御家族は、濃厚接触者とお考えください。)

  • 感染拡大を防ぐために、自宅で健康観察を行ってください。
  • 詳細につきましては、東松山保健所ホームページをご覧ください。

 東松山保健所ホームページ「濃厚接触者の方へ」

5 自宅療養の手引き

 自宅療養をされている感染者のための資料です。

  • 自宅療養を行う上で御留意いただきたい点
  • 健康観察の方法
  • 症状悪化時の連絡先
  • パルスオキシメーターの使用方法
  • 配食サービス
  • 自宅療養の終了に関すること

 自宅療養について、下記埼玉県ホームページ「自宅療養の手引き(新型コロナウイルス感染症)」よりご覧ください。

 埼玉県「自宅療養の手引き(新型コロナウイルス感染症)」
 


 

お問い合わせ

保健医療部 東松山保健所  

郵便番号355-0037 埼玉県東松山市若松町二丁目6番45号 東松山保健所

ファックス:0493-22-4251

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?