ページ番号:203472

掲載日:2021年8月30日

ここから本文です。

濃厚接触者の方へ

 現在、感染者数が過去に例を見ない規模で増加しており、陽性判定者への連絡・調査が遅れています。

 身近な方などへの感染拡大を防ぐために、感染予防の御協力をお願いいたします。

1 濃厚接触者とは

 濃厚接触者とは、陽性判定を受けた方(以下「感染者」)からウイルスを受け取った(感染した)可能性が高い人のことです。

 *濃厚接触者は、感染者と接触があった人に限られます。

 *濃厚接触者であるかどうかは、感染者との接触の時期・状況(時間・距離・マスク着用 等)で原則保健所が判断します。

 *一度濃厚接触者と判断されなかった場合でも、その後の感染者の発生状況により、濃厚接触者になることがあります。

濃厚接触者の定義

 感染者の感染可能期間(発症2日前~、無症状の感染者は検体採取日の2日前~)に、接触された方のうち以下の範囲に該当する方

  • 感染者と同居あるいは長時間(車内、航空機内等を含む)の接触があった者
  • 手で触れることのできる距離(目安:1m)で、必要な感染予防策(マスク)なしで、感染者と15分以上の接触があった者
  • 適切な感染防護無しに患者を診察、看護若しくは介護していた者
  • 患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者

詳細 国立感染症研究所 感染症疫学センター 「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領」

2 濃厚接触者と濃厚に接触した方について

 濃厚接触者は、原則感染者と接触があった人に限られます。そのため、濃厚接触者と濃厚に接した人がいても、

さらに濃厚接触者とされることはありません。

 引き続き感染対策を行い、より慎重な行動をお願いいたします。

3 濃厚接触者のPCR検査

 濃厚接触者には、感染の有無を確認するため、PCR検査を受けていただきます。

 *感染者の急増に伴い、優先対応必要者の把握、緊急入院調整等、患者の命を守る対応を

 最優先とするため、当分の間、東松山保健所では、同居家族以外の濃厚接触者の

 PCR検査の調整を休止します。

 濃厚接触者とされた方は、直接医療機関を受診してください。

 受診の際には濃厚接触者であることを必ず医療機関に伝えてください。

 埼玉県では、新型コロナウイルス感染症など発熱等の症状がある方の診療を行い、

必要な検査を行う医療機関(関連する医療機関等で検査を行う場合も含む)を

「埼玉県指定 診療・検査医療機関」として指定、公表しています。

 下記ホームページより、お近くの医療機関を検索し、事前に医療機関にお問合せの上受診してください。

 埼玉県「埼玉県指定 診療・検査医療機関検索システムについて」

 

検査の費用

 濃厚接触者が検査・診断を受ける場合の費用は、加入の健康保険の規定にしたがった自己負担が発生します。

 ただし、PCR検査料の自己負担分については、公費負担の対象です。

 

 *濃厚接触者が、保健所の調整によらないで医療機関や検査機関で検査・診察を受けた場合の費用については、

 その医療機関等にご確認ください。全額自己負担の場合もあります。

4 PCR検査で陰性と判断された濃厚接触者について

 現在の技術では、感染しても体内でウイルスが増殖しない限り、検査で感染の有無を判定できません。

 PCR検査が陰性でも、その濃厚接触者が本当に感染していないのか、それとも感染したけれど、

 まだウイルスが増殖する前なのかはわかりません。

 濃厚接触者は、検査結果が陰性でも感染の疑いはなくならないため、新型コロナウイルスの潜伏期間(下記5参照)

 に相当する間、健康観察・自宅待機をしていただく必要があります。

5 濃厚接触者の健康観察期間

 濃厚接触者には、感染者と最後に接触した日の翌日から14日間は、健康観察期間として、外出を控えていただきます。

 *「感染者と最後に接触した日」とは、診断日や発症日ではありません。

 これは、新型コロナの潜伏期間が最長14日間といわれ、濃厚接触者には、この期間中に発症する可能性があるからです。

感染者と濃厚接触者の健康観察期間のイメージ図

kenkoukannsatsukikan

 *感染者は発症日(無症状の方は検体採取日)の次の日から10日間かつ、症状軽快後72時間経過するまでが

 療養期間です。

 *濃厚接触者(同居)の健康観察期間は、感染者が療養期間が終了した日の次の日から14日間としてい 

 るため、上記より延長する可能性があります。

 *濃厚接触者(同居以外)の感染者との最終接触日については、感染者の感染可能期間に最後に接触した 

 日の次の日から14日間を健康観察期間としています。

6 健康観察期間(自宅待機)中の濃厚接触者へのお願い

自宅待機

 健康観察期間中(上記5参照)は、外出しないでください。

 在宅中の勤務やリモート授業などは、差し支えありません。

健康管理

 ご自身で1日2回(朝・夕)の体温と、症状の有無の確認をしてください。

 発熱や咳などの呼吸器症状、倦怠感等がみられたときは、医療機関受診前に必ず指定の窓口

 (保健所、関係機関等)へ御連絡ください。

 ただし、救急車を呼ぶべき症状であるときは、速やかに119番へ連絡してください。

 その際には濃厚接触者であることを必ず伝えてください。

 健康観察期間中の生活

 不要不急の外出はできる限り控えてください。

 やむをえず移動する場合は、公共交通機関の利用を避けてください。

 食材や日用品の購入には、通販や宅配の活用も検討してください。

 感染防止

 家族を含め、人と接するときは、マスクを着用し、可能な限り長時間の接触を避けてください。

 一度、着用したマスクは、卓上などに放置せず廃棄してください。マスクを触った後は、

 必ず手洗いをしてください。

 一般的な衛生対策として、石けんと水を用いた手洗い、アルコール消毒の徹底等をお願いします。

 ごみ処理、寝具・衣類等の洗濯は、通常通りでかまいません。

災害時

 災害時や災害のおそれがあるときに避難所へ避難した場合には、受付で濃厚接触者である旨を申し出てください。

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症に関するQ&A」も参考にしてください。

 厚生労働省「新型コロナウイルス感染症に関するQ&A(一般の方向け)」 


 


お問い合わせ

保健医療部 東松山保健所  

郵便番号355-0037 埼玉県東松山市若松町二丁目6番45号 東松山保健所

ファックス:0493-22-4251

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?