ページ番号:192403

掲載日:2021年4月26日

ここから本文です。

薬物依存症家族教室

お知らせ

*参加される皆さまが安心して参加できますよう、新型コロナウィルス感染症予防対策にご協力ください。

なお、新型コロナウィルス感染症の感染拡大状況によっては中止となる可能性があります。

マスクの着用をお願いします。

当センター入り口での手指消毒をお願いします。

入室前に検温にご協力ください(体温やその他症状によっては参加をご遠慮いただく場合がございます)。

定員を超える応募があった際は、次クールへの参加をご案内させていただきます。

薬物依存症家族教室について

依存症の方のご家族を対象とした「薬物依存症家族教室」を開催しています。

依存問題を認識せず、治療を拒否しているご本人を目の前にして、ご家族は「何をしても無駄だろう」と悲観的になっていらっしゃるかもしれません。依存症者の回復のためにご家族ができることは3つあると言われています。1.依存症という障害について学ぶこと、2.依存症者本人に対する適切な対応方法を身につけること、3.家族自身が元気を取り戻すこと。家族教室を活用して、依存症に取り組んでいる専門家・家族・本人の話を聞き、質問する機会を得てみませんか。

薬物依存症家族教室への参加をご希望の際は、まず個別の来所相談からうけたまわります

相談を継続する中で、ご希望に応じて家族教室のご案内をさせていただきます。

薬物依存症家族教室

内容

講師・助言者

第1回薬物依存症とは

精神科医師

第2回ダルクの紹介・本人の回復について

薬物依存症自助グループ メンバー

第3回家族の対応について

精神保健福祉士、臨床心理士、看護師など

第4回ナラノンの紹介・家族の回復について

家族の自助グループ メンバー

<日時>奇数月の毎週水曜日、午後1時30分~3時00分まで

<場所>当センター

<定員>8名

※全4回でひとつのコースですので、必ず4回参加してください。

ご利用にあたって

相談は無料で、予約制です。

相談内容によっては、他機関のご利用をお勧めすることがあります。

グループは3家族以上での開催です。申込者には、開催予定日の1週間前に開催の有無をご連絡いたします。3家族に満たない場合は、次のコースをご案内することがあります。

対象

埼玉県民(さいたま市以外にお住まいの方)

※さいたま市民の方は「さいたま市こころの健康センター」へご相談ください。

予約専用電話

048-723-6811

予約受付時間

平日 9時00分~17時00分(土曜日、日曜日、祝日、12月29日~1月3日を除く)

お問い合わせ

福祉部 精神保健福祉センター  

郵便番号362-0806 埼玉県北足立郡伊奈町小室818-2

ファックス:048-723-1561

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?