Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2018年1月30日

除菌ウエットティッシュの効果をテスト

除菌のイメージ

 近年、除菌を標榜する商品をよく目にするようになりました。除菌という言葉は消費者に広く浸透しているように思われます。除菌の対象となる菌や効果については、国の意見を参考にした業界団体の自主基準が定められていますが、公的に定められたものはありません。また、除菌効果は目に見えないため、消費者は商品に対して過大な期待をするなど、効果を正しく理解していない可能性が考えられます。

そこで、除菌に関する消費者意識アンケートを実施するとともに、除菌ウエットティッシュの商品比較テストを実施しました。

1.消費者意識アンケート

(1) アンケートの対象者

108名(男21名、女87名)

当センター主催の講座参加者及び当センター職員、家族など、

(2) 実施日

平成28年8月25日~9月28日

(3) 結果

  • 除菌への関心の有無

約84%の消費者が「除菌に関心がある」と回答しました。

  • 除菌の必要性(複数回答有り)

約57%の消費者が「衛生上必要」と回答しました。一方、約42%の消費者が「目に見えない除菌効果は疑わしい」と回答しました。

  • 除菌商品に期待すること(複数回答有り)

約73%の消費者が「感染症や食中毒の予防」と回答し、次いで「防カビ」(約46%)でした。

  • 除菌効果のイメージ

約49%の消費者が「除菌によって菌は取り除かれる」と回答し、除菌の程度について「大部分の菌」(約43%)と回答しました。一方、約20%の消費者が「分からない」と回答しました。

  • 除菌ウエットティッシュの使用目的

約72%の消費者が「主に汚れを拭くために使用する」と回答しました。また、約18%の消費者が「主に除菌をするために使用する」と回答しました。

(4) 考察

  • 消費者は学術的には異なる細菌と真菌(カビなど。除菌の対象に含まれていない。)を異なる菌として区別せず、除菌の対象に真菌も含まれると考えている可能性がうかがえました。 
  • 比較的多くの消費者が「除菌によって大部分の菌が取り除かれる」と考えていることが分かりました。除菌の量的効果について消費者は除菌商品のテレビCMなどから除菌効果をイメージしているのではないかと推測されます。

2.商品比較テスト

(1) テスト対象商品

除菌ウエットティッシュ(アルコールタイプ)

4商品

除菌ウエットティッシュ(ノンアルコールタイプ)

3商品

除菌表示のないウエットティッシュ

3商品

水道水を含ませたティッシュペーパー

2商品

 

 

 

 

 

(2) 実施日

平成28年9月20日~12月20日

 

(3) テスト方法

一様に細菌の付着したテーブルをテスト対象商品にて拭き取り、拭き取り1回目、2回目、3回目で細菌の数がどのように変化するのかテストを行いました。

method

  • 実際の生活環境に近い細菌を使用するため、使い古しのスポンジから細菌を得ました。細菌の種類については特定していません。
  • 拭き取りはテスト対象商品を三つ折りにして縦方向に1回、更に折面を変えて横方向に1回の合計2回行いました。

(4) テスト結果

  • アルコールタイプ、ノンアルコールタイプのいずれの除菌ウエットティッシュも、1回の拭き取りだけで全ての細菌を除去することは困難でした。
  • 除菌ウエットティッシュ(アルコールタイプ)が最も除菌効果がありましたが、除菌表示のないウエットティッシュや水道水を含ませたティッシュペーパーでも除菌をすることができました。
  • いずれのテスト対象商品も拭き取りの回数を重ねることで細菌数を減少させ、3回目の拭き取り後は大部分の細菌を除去することができました。

results

写真.ウエットティッシュの拭き取り回数と除菌効果(白い点が菌)

(5) 考察

  • 細菌数を確実に減少させるためには2回、3回と繰り返し拭き取りを行うことが有効と考えられます。
  • テストの結果、除菌効果は除菌ウエットティッシュに含まれるアルコールなどの成分以外に、物理的な除去(拭き取り)が大きく関与している可能性が考えられます。

3.消費者へのアドバイス

(1) 除菌によって全ての種類の菌を除去できるわけではありません。advice

アンケートの結果、比較的多くの消費者が「除菌によって大部分の菌が取り除かれる」と考えていることが分かりました。しかし、除菌ウエットティッシュの商品表示には「除菌によって全ての種類の菌を除去できるわけではありません」と書かれています。除菌という言葉は消費者に広く浸透しています。除菌の対象となる菌や効果については、国の意見を参考にした業界団体の自主基準が定められていますが、公的に定められたものはありません。環境中には多種多様な菌が存在しており、除菌によって全ての種類の菌を除去できるわけではありません。使用上の注意を確認し、商品の特徴を理解して使用しましょう。

(2) 1回の拭き取りで全ての菌を除去することは困難です。こまめな清掃を心がけましょう。

商品比較テストの結果、1回の拭き取りで全ての菌を除去することは困難でした。2回、3回と繰り返し拭き取りを行うことで菌の数を減少させることができました。細菌数を確実に減少させるためには繰り返し拭き取りを行うことが有効です。ふだんからこまめな清掃を心がけましょう。

4.テスト結果詳細

テスト結果詳細(PDF:658KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民生活部 消費生活支援センター  

郵便番号333-0844 埼玉県川口市上青木三丁目12番18号 SKIPシティA1街区2階

電話:048-261-0930

ファックス:048-261-0962

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?