ページ番号:192355

掲載日:2021年2月20日

ここから本文です。

キャッシュレス決済、プリペイドカードを悪用する事業者に注意!

イラスト:プリカ【事例1】

パソコンでアダルトサイトを見ていてクリックしたところ、登録完了の画面が出た。業者に登録した覚えはないと連絡したところ、「すでに登録は完了している。退会するなら退会金10万円を払うように」と言われた。怖くなったので業者の指示に従ってコンビニに行き、端末機でプリペイドカードの購入手続をし、レジで10万円を支払って、業者にプリペイドカードの番号を伝えた。だまされたのでプリペイドカードの購入代金を返金してほしい。

【事例2】

SNSで知り合った女性と何度もやりとりして親しくなったところ、その女性から頼まれ、コンビニでプリペイドカードを買って、番号を相手に伝えた。その後女性と連絡が取れなくなり、だまされたことに気付いた。

プリペイドカードやクレジットカードなどのキャッシュレス決裁は、現金を持ち歩く必要がなく、手元に現金がなくても購入できる等の手軽さから、多くの消費者が利用していますが、その仕組みは複雑なものです。悪質な事業者は、プリペイドカードを購入させて、番号を連絡するよういってきますが、プリペイドカードの番号を相手に伝えることは、カードの価値(金額)を相手に渡すことになります。

消費者へのアドバイス

  • 身に覚えのない請求を受けた場合は、すぐに業者(相手)に連絡せずよく確認しましょう。
  • 業者(相手)に言われるままプリペイドカードを購入し、カードの番号を業者に伝えないようにしましょう。
  • プリペイドカード番号を業者に伝えてしまうなど、トラブルに気付いた場合はすぐにプリペイドカード発行会社に連絡しましょう。
  • 困ったときは、すぐに最寄りの消費生活相談窓口にご相談ください。

お問い合わせ

県民生活部 消費生活支援センター  

郵便番号333-0844 埼玉県川口市上青木三丁目12番18号 SKIPシティA1街区2階

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?