Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 県民生活部 > 県民生活部の地域機関 > 消費生活支援センター > 相談事例・年報 > 相談事例 > 住む > 竜巻の被害に便乗した悪質なリフォーム勧誘にご注意ください

ここから本文です。

 

掲載日:2014年12月18日

竜巻の被害に便乗した悪質なリフォーム勧誘にご注意ください

事例

竜巻の被害で屋根に穴が開きそうになって困っていたところ、「保険を使って修理しましょう」と業者が訪問してきた。

業者は「調べます」と言って屋根に上り、下りてくると私に写真を見せながら「このまま放置すると雨漏りします。早く修理しないと大変なことになりますよ。」と説明した。

他にも車庫、塀などが歪んでいて一刻も早く修理したいが、自己負担が大きいと困る。本当に保険が下りるのだろうか。

 

イラスト:悪質リフォーム業者の勧誘

竜巻や豪雨などの自然災害で家屋が被害にあった人を狙ったリフォーム勧誘が発生しています。突然自宅を訪問し「保険金が使える」「早く修理しないと大変」などと契約を急がせる勧誘にご注意ください。実際には保険が使えなかったり、今回の勧誘をきっかけに次々と不要なリフォームをすすめられる危険があります。

消費者へのアドバイス

  1. 保険を適用しようとする場合は、自分で契約している保険会社や代理店に連絡し、支払い対象になるのか確認しましょう。
  2. 修理工事をする際は、複数の業者から見積もりを取りましょう。
  3. 訪問販売の場合は、工事が終わっていてもクーリング・オフできる場合がありますので、お困りの時は最寄りの消費生活相談窓口にご相談ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?