Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2020年7月21日

テレビショッピングに関するトラブル返品ルールが明確に

相談事例

テレビショッピングで指輪とイヤリングを購入した。安いと思って申し込んだが、届いたものはテレビで見たときよりも品質が悪くイメージと違う。業者に伝えると「電話での申し込みを受け付けた時に返品できないことを伝えている。その時の記録もある」と言われた。申し込んだ時のやりとりはよく覚えていないが、やはり返品できないのか。

お答えします

テレビショッピングとはテレビを媒体にした通信販売のことで、消費者が不意打ち的な勧誘を受けることがなく、じっくり考えて購入の申し込みができることから、クーリング・オフ(無条件解約)制度の適用はありません。そこで、事例のように返品を申し出ることになりますが、テレビショッピングは放送時間の制約などにより、返品の可否やその条件などの重要な情報画面がすぐに消えてしまうので、表示内容を十分に理解できないことがトラブルの一因になっています。

通信販売の返品に関するルール

「返品ができる、できない」というトラブルを防ぐため、特定商取引に関する法律が改正(平成21年12月1日施行)され、「返品の可否」「返品の条件」「返品にかかる送料負担の有無」を広告に表示していない場合、商品等を受け取った日から8日間は、送料を消費者が負担することを条件に返品(契約の解除)が可能となりました。ただし、例えば「商品到着後5日以内に限り返品可」などと表示をしている場合は、消費者はそれに従わなければなりません。

アドバイス

  1. 申し込む前に商品のサイズなどはメモをとりましょう。また、使い方や使用上の制限をよく確認しましょう。
  2. 実際の商品がイメージと違った場合などに、返品ができるか、できる場合はその期間も必ず確認しましょう。返品できる場合であっても、使用したら返品できないなどの条件が付いている場合がありますので注意が必要です。
  3. 注文した時には、その日時、業者の連絡先、商品名、購入金額、引渡しの時期、返品条件を必ずメモに残しておきましょう。電話での申込の場合は受け付けたオペレータの名前も書いておくとよいでしょう。

早めに最寄りの消費生活相談窓口にご相談を

契約や商品・サービスなど、消費生活に関するトラブルが発生したら、早めに最寄りの消費生活相談窓口にご相談ください。

印刷用原稿(ワード:29KB)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?