Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 秩父地域振興センター > 秩父地域の観光情報トピックス > 第4回「秩父夜祭絹市~ちちぶめいせんマルシェ~」が開催されました。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年12月27日

第4回「秩父夜祭絹市~ちちぶめいせんマルシェ~」が開催されました。

 かつて秩父夜祭では大きな絹市が立ち、その年最大の絹取引が行われ、多くの人々でにぎわいました。

 2016年12月に「絹市」が復活!。2019年12月2日・3日、秩父夜祭の日に第4回絹市が開催されました。

 秩父神社近くの「買継商通り」と「黒門通り」で、絹関連商品の販売やイベントなどが行われ、夜祭とともに大いに盛り上がりました。

 賑わう第4回絹市
 おねり(歌舞伎道中) 
【12月3日には、秩父歌舞伎正和会の皆さんによるおねり(歌舞伎道中)が会場を沸かした。】

 秩父銘仙に関する展示コーナー

 昨年の「“新”秩父銘仙デザインコンテスト」で大賞となったデザインにより制作した秩父銘仙と、秩父夜祭の歴代お揃い(今も秩父銘仙のお揃いを着用している「中町(なかまち)」の歴代お揃い)を展示しました。
 展示の案内は、秩父市「銘仙サポーター」ボランティアの皆さんにもご協力いただきました。 
 銘仙展示コーナー全体 
 秩父銘仙展示コーナー
【“新”秩父銘仙デザインコンテストの大賞デザイン。横糸を変えて織ることで、仕上がり色が変化する。】

 中町のお揃い展示
【中町の歴代お揃いを展示。※中町のお揃いは秩父銘仙。】

 銘仙サポーター
【今回の絹市では、2日間で男女延べ30名の銘仙サポーターの皆さんにご協力いただいた。】

秩父銘仙をはじめとする絹関連商品の展示販売

 秩父の機屋(はたや)や秩父銘仙後継者育成講座の生徒、他絹産地のみなさんが絹関連商品の販売をしました。

 後継者育成講座生徒
 浅見織物
 ぐるぐる
 うさぎや
 友禅屋

 秩父伝統工芸品の展示販売など

 木工などの職人が伝統工芸品を販売しました。また、小鹿野町、皆野町からも出店いただきました。

 新井木工所等
 小鹿野町観光協会 

秩父の食材を生かした飲食の販売

 秩父の飲食店が集まり、秩父の食材をふんだんに使った食べものを販売しました。

 秩父の食材

秩父銘仙いどばた会議

 秩父銘仙のあれこれなど、ご来場者とNPO法人ちちぶまちづくり工房メンバーが語らいました。

 ちちぶまちづくり工房

秩父夜祭宵宮案内

 2日にお諏訪様に夜祭りの報告をする「お諏訪渡り」。NPO法人ちちぶまちづくり工房のメンバーによる案内が行われました。

 第3回絹市お諏訪渡り

風の小路

 絹市当日、「買継商通り」と「黒門通り」をつなぐ風の小路は、SNS映えするフォトスポットになりました。
 風の小路昼
 風の小路夜

あんどんかざり

 絹市を彩るあんどんは、秩父市立西小学校の4年生が作製してくれました。

 行灯1
 行灯2

 ちっとんべえな「絹市」は、夜祭とともに終わりました。来年もまた、元気な「絹市」が立ちますように。
 絹市夜終わり
 絹市また来年
 【参考】第4回「秩父夜祭絹市」チラシ 表面(PDF:766KB) 裏面(PDF:659KB) 

関係団体

主催 秩父夜祭絹市プロジェクト(事務局:秩父市商工課) 

協賛 (一社)秩父地域おもてなし観光公社、シュハリ、入船、泰山堂、ひぐらしストア、sumi-ka、スナック番場

協力  埼玉県秩父地域振興センター、秩父市、NPO法人ちちぶまちづくり工房、秩父商栄組合、
 秩父木工フェア&木育ひろば実行委員会、秩父飲食店組合、秩父銘仙協同組合

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政部 秩父地域振興センター 観光振興・産業労働担当

郵便番号368-0042 埼玉県秩父市東町29番20号 埼玉県秩父地方庁舎1階

ファックス:0494-24-1741

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?