トップページ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 北部地域振興センター > 県民生活 > キラリと光る!NPO法人の活動紹介 > NPO法人ライフサポート~里山カフェ里千歩での「トールペイントとハーブの寄せ植え体験」~

ページ番号:185698

掲載日:2022年2月17日

ここから本文です。

特定非営利活動法人ライフサポート~里山カフェ里千歩での「トールペイントとハーブの寄せ植え体験」~

北部地域ではNPO法人の約15%が保健・医療・福祉の分野で活動をしています。今回取材したのは、深谷市を拠点に、障害者の就労継続支援を行っている特定非営利活動法人ライフサポートです。令和2年11月21日(土曜日)、当法人が運営する就労継続支援B型事業所のひとつ、「里山カフェ里千歩(リセット)」で体験イベントが行われましたので、その様子を併せてご紹介します。

特定非営利活動ライフサポートとは

特定非営利活動法人ライフサポートは、高齢者や障害者の一人ひとりが大切にされ、各人の能力が発揮できる地域社会を実現することを目的に、就労継続支援B型事業所、相談支援事業所、そしてグループホームを運営しています。

就労継続支援B型とは、障害や難病のあるかたのうち、年齢や体力などの理由から、企業等で雇用契約を結んで働くことが困難なかたが、軽作業などの就労訓練を行うことができる福祉サービスです。障害の程度や体調に合わせて自分のペースで働くことができ、就労に関する能力の向上が期待できます。(LITALICO仕事ナビより引用)

ライフサポートでは、就労継続支援B型事業所としてナイスデイ、里山カフェ里千歩(リセット)、3C本庄を運営しています。 

事業所の様子

障害者のかたは、サービス利用者として登録をした後、事業所で働くことができます。どのような仕事を行うかは、障害の程度や適性、本人の希望を考慮したうえで決めます。スタッフが個別支援計画を作成し、半年に1度振り返りの機会を設け、今後の働き方について利用者と話し合いを行っているとのことでした。

ナイスデイと3C本庄では、内職作業(ラベル貼り、箱の組立など)を中心に行っています。なお、ナイスデイでは内職作業のほかに、カフェで提供する食品の調理や他の会社へ卸す野菜の下処理も行っています。

一方、里山カフェ里千歩(以下、リセットと表記します)では調理や接客を行い、一般就労に向けて知識や技術を学んでいます。「利用者に地域の人と接してもらいたい」という想いから始めたとのことでした。

     ナイスデイ外観 ラベル貼りの様子 里山カフェリセット(外観)

里山カフェ里千歩(リセット)での「トールペイントとハーブの寄せ植え体験」

令和2年11月21日(土曜日)、リセットで「トールペイントとハーブの寄せ植え体験」が行われました。自分たちで植木鉢にペイントし、ハーブを寄せ植えするほか、お昼にはカフェの食事をいただくお得な体験イベントです。このイベントは深谷市が企画する「深谷市えん旅」の一環として実施されました。団体の特徴を活かした体験交流型イベントを実施することで、団体の魅力を市内外の多くのかたに発信することを目的としています。

イベントの様子

講師の説明に従い、さっそくペイントを開始します。1か月後に控えるクリスマスにむけて、アルミホイルや綿棒、竹串、筆など様々な道具を使ってクリスマスリースや雪だるまを描きます。参加者の皆さんは、手元のお手本を参考にしながら、作業を進めていきます。

一見難しそうに感じますが、やってみるとどなたでも気軽に楽しめる企画になっていました。作業の途中では、参加者同士で作品を見ながら、楽しそうに会話しており、「こうやって見比べると他の人の作品が上手に感じるけど、家に持って帰ったらきっと素敵だよ!」という声も聞かれました。

作業が終わると、お昼休憩です。日頃カフェで提供されている里山御膳をいただきました。こちらはペイントをしている間に、カフェのスタッフが準備してくださったものです。たくさんの地元野菜を使い、素材の味を生かした優しい味付けです。そして、1品1品がとても丁寧に作られており、スタッフのかたが心を込めて作っているのを感じました。食後には、お客さんから「美味しかったよ」という声をいただき、喜ぶスタッフの姿がありました。

    ペイントの様子 配膳の様子 里山御膳 

休憩後は、いよいよ寄せ植えをします。ワイルドストロベリーなど3種類の苗を植え込み、クリスマスの装飾をつけて完成です。皆さんにとって記念に残る作品となったことでしょう。

                      植え込みの様子 完成した作品 

NPO法人の活動を通じて

B型事業所やグループホームなどの運営を通じ、障害者の支援を行っているライフサポート。理事長の松島さんは「メンバーには、それぞれ得意・不得意があるなかで様々なことにチャレンジしてもらいたいと思っている。メンバーが楽しく働いているかどうかは表情や態度で伝わってくるので、みんながいきいきと働ける環境づくりをしていきたい。」とおっしゃっていました。

松島さんのお話しを伺うなかで、利用者を第一に考えていること、そして、利用者がやりがいをもって働ける環境づくりを心がけながら事業を行っていることを強く感じました。今回イベント会場となった、里山カフェ里千歩(リセット)は平日10時から16時(月曜は定休日)まで営業しています。お近くを訪れた際は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

※ライフサポートでは利用者のかたを「メンバー」と呼んでいるとのことです。

 関連リンク

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター  

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎1階

ファックス:048-524-0770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?