Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 北部地域振興センター > 県民生活 > キラリと光る!NPO法人の活動紹介 > NPO法人AEA英語通訳キッズプロジェクトによる「熊谷うちわ祭おもてなし英語ガイド」

ここから本文です。

 

掲載日:2017年8月4日

NPO法人AEA英語通訳キッズプロジェクトによる「熊谷うちわ祭おもてなし英語ガイド」

AEA英語通訳キッズプロジェクトとは

AEA英語通訳キッズプロジェクトは、2017年春にNPO法人化されましたが、それ以前から、日本に興味関心のある外国人観光客に対して、親子で英語を使って案内をするボランティア活動を行っていました。

「地域の伝統行事やイベントの際に、子供たちは学んだ英語で実際に会話し、異文化圏の人々と交流する事で、コミュニケーション能力の向上と豊かな人格形成を図り、世界中のどこでも生き抜く力のある人材育成」(法人HPより抜粋)に力をいれている当法人は、様々な機会で親子による英語ガイドを行っています。

毎年7月20日から22日にかけて行われ、70万人以上が訪れる「熊谷うちわ祭」は、十二台の山車・屋台が巡業し、「関東一の祇園」と称されるほどですが、こちらでも英語ガイドをするということで、その模様を取材させていただきました。

熊谷うちわ祭おもてなし英語ガイド

ガイド事前準備

ガイドを行う親子は、外国の方を迎えるにあたり、準備もしっかりと行います。うちわ祭についてより理解を深めるため、6月には事前準備学習会、お祭り直前には研究家から特別授業を受けました。学習会では、昨年の参加者の意見やスライドショーを見て、どのルートでガイドをしようかを親子で考えたり、訪れる外国の方向けに、ビデオレターを作成したりしました。

ガイドは1グループそれぞれで案内するため、自分たちなりのルートを作成します。どのようなテーマでお祭りを楽しんでもらうか、試行錯誤をしながら考えていきます。案内をするにあたり、ガイドブックを作成した人もいます。

特別授業では、うちわ祭に造詣の深い研究家の方から、お祭りの始まりから現在に至るまでの変遷や、曳かれる山車や屋台の構造についてなど、詳細な説明を受けました。

手作りガイドブック 特別授業の様子

案内する人に心から楽しんでいただけるよう、入念な準備を行い、いよいようちわ祭当日を迎えます。

うちわ祭当日

7月22日(土曜日)、夏の蒸し暑い盛りに「おもてなし英語ガイド」は行われました。ガイドを行う親子は約70名。おもてなしを受ける外国の方は約120名と、予想していたよりもだいぶ多くなりました。バス三台の大所帯です。

班が決まると、いよいよガイドの開始です。班ごとに事前準備した、それぞれの思い思いのコースを回ります。今回同行させていただいた親子のガイドテーマは「おもてなし」。屋台でのゲームや、お祭りならではの食べ物も味わっていただくルートです。最初に行ったのはダーツ、続いて積み木崩し。ガイドの女の子も、ゲストの子と一緒に楽しみました。

ゲストと初顔合わせ 一緒に遊んでいる様子

チョコバナナやお好み焼きと言った、日本のお祭りでは見慣れたものも新鮮に感じられたようで、なかでもベビーカステラを実際に買って家族で味わわれていました。

お祭り会場をひととおり回った後は、「地元の情報発信基地 くまがや館」で開催されている、「祭り蒐集品展『うちわ祭展』」をご案内し、見学。うちわ祭に関する貴重な資料が展示されており、とても興味深そうに眺めておりました。

屋台でお買い物 全員の写真

ここまでの案内でガイドは終了。無事に案内を終えられたところで、ガイドの親子お二人に今の気持ちを尋ねてみました。「緊張したけど楽しかった。いい経験になった」と、ちょっと疲れも混ざった、さわやかな笑顔の女の子。「今回が初めてのガイド。これからも物おじしないで、いろいろな経験をしてほしい」と、お母様。この経験は、今後の大きな糧に間違いなくなるのではないでしょうか。

小さな国際親善大使の、とても大きな活躍でした。

家族で一緒に取り組むことが大切

「ガイドをしていると、間違いなくハプニングは起きる。その時は、五感すべてをフルに使って前向きに対処する。そしてそれは、家族で乗り越えてほしい。後で必ず良い思い出になる」と赤井代表は言います。「子どもの背中を押すのではなく、親が自ら背中を見せることが大切。自分がやっている姿を見せて、家族一緒に取り組んでほしい」とも。

アクティブラーニング、能動的な学習形態を重要視しているのが「AEA英語通訳キッズプロジェクト」。今後もこういった機会をたくさん作っていきたいそうで、もうすでに8月11日に行われるラグビーの国際試合に関連した活動を予定されているそうです。

当法人では随時、新入生も募集しています。その案内や、法人の活動について、詳細がHPにのっていますので、興味がある方はご覧になってください。

特定非営利活動法人AEA英語通訳キッズプロジェクト

電話:070-6612-0205

HP:http://aea.strikingly.com/

(別の形で記事をまとめてみました。ご覧ください)(PDF:833KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター  

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎1階

電話:048-524-1110

ファックス:048-524-0770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?