Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 北部地域振興センター > 埼北ラグビー&オリパラ『情報えとせとら』 > 埼北ラグビー&オリパラ『情報えとせとら』No.87-簡単で楽しい!ボッチャ体験教室が開かれました-

ここから本文です。

 

掲載日:2019年12月16日

埼北ラグビー&オリパラ『情報えとせとら』No.87-簡単で楽しい!ボッチャ体験教室が開かれました-

12月5日(木曜日)、神川町B&G海洋センターでボッチャ体験教室が開かれました。

ボッチャとは、パラリンピック正式種目のひとつで、野球の硬式球ほどの大きさのボールを6球ずつ投げ、コート内の的(ジャックボール)にどれだけ多くのボールを近づけられるかを競う競技です。パラリンピックでは重い障害のある人のために考案された競技ですが、ルールの分かりやすさや競技方法の簡単さから誰でも気軽に楽しむことができます。

この体験教室は、まだあまり知られていないボッチャを体験してもらい、来年に迫った東京パラリンピックに向けて地域を盛り上げようと、神川町中央公民館が開催しました。参加したのはボッチャ未経験の13名。本庄ボッチャの会の皆さんの丁寧な解説のもと、投げ方の練習やチームに分かれての試合を行いました。

 

スーパープレー連発!!

本庄ボッチャの会によるルール説明や実演のあと、参加者は3人1組に分かれて試合を行いました。初めて体験するボッチャに、参加者たちは苦戦する場面も見られましたが、プレーが進むにつれて投げ方を工夫したり作戦を立てたりするなど、全員が競技に熱中していました。また、投げたボールを目標にピタリと付けたり、相手のボールを押し出したりするスーパープレーも数多く見られ、その度に歓声が上がって盛り上がりました。

参加者の女性は「和やかな雰囲気で楽しくプレーできた。(ボッチャは)力を使うわけではないので、老若男女が一緒になって楽しめる良い競技だと思う」と参加して感じたボッチャの魅力を語りました。また、別の参加者の女性は「とても楽しかった。ルールを覚えられたので、来年のパラリンピックを見るのが楽しみになった。」と東京パラリンピックを楽しみにしていました。

 

楽しさを知るきっかけに

この教室で講師を務めた本庄ボッチャの会は、60~70代の会員を中心に構成される団体で、月1回の定期練習のほか、学校や障害者施設を訪問してボッチャをレクチャーする活動をしています。会長の原嶌喜英さんは、過去にボッチャの大会でボランティアをしたことがきっかけでボッチャに関わるようになり、平成25年に同会を設立しました。

原嶌さんはボッチャについて「リオパラリンピックで日本が銀メダルを獲得してからにわかに注目を集めているが、まだまだマイナーな競技」と述べたうえで、「今回のような機会を通じて広めていきたい。楽しさを知るきっかけづくりになれたら嬉しい」と体験教室に込めた思いを語りました。また、「東京パラリンピックで注目された後も盛り上がりを継続させていきたい」と今後の活動についても意欲的に話しました。

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター  

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎1階

ファックス:048-524-0770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?