Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 北部地域振興センター > 埼北ラグビー&オリパラ『情報えとせとら』 > RWC2019『情報えとせとら』No.83-ラグビー大好き歌手 田中美里さんにインタビューしました!-

ここから本文です。

 

掲載日:2019年11月1日

RWC2019『情報えとせとら』No.83-ラグビー大好き歌手 田中美里さんにインタビューしました!-

熊谷ラグビー場での最後の試合となった10月9日(水曜日)、10日間にわたって開催されたファンゾーンも最終日を迎えました。期間中、ファンゾーンステージイベントで総合司会を務めた歌手の田中美里さんに、ラグビーや地域に寄せる思いをインタビューしました。

ファンゾーンステージ ファンゾーン入口

ファンゾーン最終日を迎えて

田中さんは、ラグビー選手だったお父さんの影響で、小さい頃からラグビーに親しんできたそうです。ラグビー応援ソング「Go Forward」など、歌でラグビーを盛り上げる活動を続けてこられました。

まずは、ファンゾーン熊谷の最終日を迎え、司会を務めてこられた感想をお聴きしました。

「熊谷のファンゾーンは他の地域に比べてもラグビーというコンセプトの打ち出しがはっきりしている。ステージでも、ラグビーをちゃんと語れる人がその魅力を伝えている。ステージに登場するワイルドナイツの選手も練習を早めに切り上げて来てくれていて、チームや選手を紹介できることも嬉しい。ラグビーは、”ノーサイド”の言葉にあるとおり、試合後には敵味方なく健闘を讃えあうが、そうしたラグビーの文化もこのファンゾーンで伝えることができたらと思っている。」

ステージ前に立つ田中さん_2 

”ラグビータウン熊谷”に期待

ファンゾーンの10日間を”ラグビータウン熊谷”で過ごした田中さんに、この地域への期待と思いを伺いました。

「ラグビーに子どもの頃から親しんできた自分としては、ワールドカップの盛り上がりは想定以上だと驚いている。日本中が盛り上がっている今だからこそ、次の仕掛けが必要だと考えている。

パナソニック ワイルドナイツの本拠地が熊谷に移転し、熊谷ラグビー場でもトップリーグの試合が数多く行われることになる。この盛り上がりを来年1月に開幕するトップリーグにカウントダウンで繋げられるように、ステージでもワイルドナイツの選手たちに見どころやチームの調子などを聴くようにしている。

今回のファンゾーンのように、ラグビーだけではなく、遊びやお酒が一緒に楽しめる場があるとラグビーに親しむ機会を増やすことができる。熊谷は本当にラグビーに熱い街。熊谷なら、ますますラグビーが根付いていくと期待している。」

田中さんは、ラグビーワールドカップの盛り上がりを嬉しく感じながらも、ラグビーというスポーツやその文化がより多くの人に愛されるよう、次を見据えて活動をされていると感じました。

この日もファンゾーンは多くの人で賑わい、試合やステージイベントなど、大いに盛り上がりました。この熱気が、ラグビータウン熊谷でこれからも続いていくことを期待しています。

明日、11月2日(土曜日)は、いよいよラグビーワールドカップ決勝戦です。熊谷市内では、ニットーモール平面駐車場でパブリックビューイングが行われます。最後の熱戦をぜひ会場でお楽しみください!

※パブリックビューイングの詳細は「熊谷へラグビーを見に行こう!」(別ウィンドウで外部サイトへリンク)をご覧ください。 

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター  

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎1階

ファックス:048-524-0770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?