Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 北部地域振興センター > 埼北ラグビー&オリパラ『情報えとせとら』 > RWC2019『情報えとせとら』No.82-アルゼンチン代表にメッセージボールを手渡しました!-

ここから本文です。

 

掲載日:2019年10月24日

RWC2019『情報えとせとら』No.82-アルゼンチン代表にメッセージボールを手渡しました!-

10月8日(火曜日)、ラグビーアルゼンチン代表選手が熊谷市立桜木小学校を訪れ、同校の児童と交流しました。会場となった体育館には全校児童が集まり、選手たちとラグビーボールを使ったゲームなどを楽しみました。また、子どもたちから、折り鶴を組み合わせてアルゼンチン国旗の形に仕上げた千羽鶴が贈られ、さらにNPO法人AEA英語通訳キッズプロジェクト(以下、AEA)から、応援メッセージが書き込まれたラグビーボールが手渡されました。

交流の様子

選手たちが体育館に入場する際、子どもたちはアルゼンチン国歌を歌って迎えました。その後、地域の人たちと一緒に地元の踊り「直実ぶし」を披露。子どもたちの歓迎に選手たちからは大きな拍手が起こりました。

踊りの後は、ラグビーボールを使ったゲームなどで選手たちとふれあいました。とくに、ラグビーのセットプレーのひとつであるラインアウトの体験は大盛り上がり。子どもたちが選手に持ち上げられると、周りから大きな歓声が上がりました。また、選手たちによるスクラムやドロップキックの実演も行われ、華麗な技に子どもたちは目を奪われていました。

ゲームなどを楽しんだ後は、子どもたちから選手へ青、白、黄色の折り鶴でアルゼンチン国旗を形作った千羽鶴が贈られました。また、AEAからも応援メッセージ入りのラグビーボールが手渡されました。選手たちからはお返しとしてサイン入りのユニフォームとボールが贈られました。

 

 

最後には選手への質問タイムが行われました。1年生の女の子が、日本に来てよかったと思うことは何かと尋ねると、アルゼンチン代表選手は「福島県のJヴィレッジの豊かな自然に感動したが、今日ここに来てみんなと会えて一緒に過ごせたことが日本での一番の思い出になった」と答えました。また、「私たちは自分の国を非常に大事にしている。今日、みんなが国歌で迎えてくれたことは本当にうれしかった」と感謝しました。

選手が学校から去る際には、アルゼンチン国歌で見送りました。

AEAから応援メッセージ入りボール贈呈

ステージ上でボールを手渡したAEAのメンバーで桜木小学校に通う黒田一真君(小学5年生)は「渡すことが決まった時からわくわくしていた。選手の迫力がすごかった」と笑顔で話しました。黒田君は渡す際にスペイン語で「頑張れ」を意味する「バモス」と伝え、受け取った選手は「グラシアス」(「ありがとう」の意)と答えてくれたそうです。

 

AEAは、3月17日に開催された6ヵ国交流イベントで応援メッセージを書き込んだボールを各国代表チームに届ける取組をしてきました。今回、アルゼンチン代表チームに手渡したことで、熊谷で試合を行う6チームすべてにメッセージ入りボールを届けたことになります。AEAの赤井代表は「6ヵ国へみんなの歓迎と応援メッセージが無事届きました。いつかみんなが大人になって、AEAでこんな活動をしていたんだよって自分の子どもに語り継いでくれたら嬉しい」とすべてのチームに届け終えた気持ちを語りました。

当センターも今年3月17日のイベントに携わり、ボールを届ける取組を追ってきました。今回、6ヵ国の代表チームすべてにボールが届いたことは大変嬉しく思います。子どもたちの思いのこもった贈り物は、各国選手たちの力となったことでしょう。

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター  

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎1階

ファックス:048-524-0770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?