Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 北部地域振興センター > 埼北ラグビー&オリパラ『情報えとせとら』 > RWC2019『情報えとせとら』No.79-熊谷会場初戦当日、地元中学生にラグビーワールドカップ2019™への思いをインタビュー-

ここから本文です。

 

掲載日:2019年9月27日

RWC2019『情報えとせとら』No.79-熊谷会場初戦当日、地元中学生にラグビーワールドカップ2019™への思いをインタビュー-

9月24日(火曜日)、ロシア代表VSサモア代表戦の試合観戦を控えた地元中学生にラグビーワールドカップ2019™への思いをインタビューしました。

 

熊谷地方庁舎に集合する地元中学生

バスに乗り込む地元中学生

試合当日、熊谷地方庁舎から、富士見中学校の生徒が、バスで、熊谷ラグビー場に出発しました。

 

今回のラグビーワールドカップ観戦は、熊谷市が、昨年11月に市内全小・中学生をラグビータウン熊谷ジュニアサポーターに任命し、その活動の一環として実施しているものです。

 

試合観戦を直前に控えた富士見中学校2年生のラグビー部の遠藤君と根岸君にインタビューしました。 

 

○熊谷ラグビー場で、ワールドカップを生で観戦できると知った時の感想について

 「とてもうれしかった。ラグビーをみんなに知ってもらえるチャンスだと思った。」「外国からたくさんお客さんが来るので、英語で話し、国際交流したい。」

 

○そのために取り組んだことについて

 「富士見中は、教育目標に、「自立・協働・貢献」を掲げているから、世界貢献と地域貢献がしたいと思った。」「ワールドカップまでに、クラスメイトに、ラグビーのルールを教えたり、(ラグビーロードに近い)学校の周りのゴミ拾いをした。」「地域のお祭りで困っている人を助けるなど活動してきた。」

 

○今後の目標について

「この観戦を、ラグビー部での活躍に繋げ、関東大会を目指したい!」、「試合が終わればみんな仲間というノーサイドの精神を生かしていきたい。」

 二人とも、ラガーマンらしく、胸を張って堂々と話してくれました。

 

 「一生に一度」となるこのラグビーワールドカップ2019™日本大会を機に様々な取組みを体験することにより、ラグビーの精神が、「ラグビータウン熊谷」と共に根付くことを心から願っています。

 

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター  

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎1階

ファックス:048-524-0770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?