Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 北部地域振興センター > RWC2019『情報えとせとら』 > RWC2019『情報えとせとら』No.73ー思いよ届け!応援メッセージ入りのラグビーボールをサモア大使とウルグアイ大使に手渡しました!!ー

ここから本文です。

 

掲載日:2019年8月28日

RWC2019『情報えとせとら』No.73ー思いよ届け!応援メッセージ入りのラグビーボールをサモア大使とウルグアイ大使に手渡しました!!ー

NPO法人AEA英語通訳キッズプロジェクト(以下、AEA)は、サモア大使館とウルグアイ大使館を訪れ、応援メッセージを描いたラグビーボールを大使に手渡しました。

このボールは、平成31年3月17日に開催されたイベント「6ヵ国を学ぼう!遊ぼう!!体験しよう!!!」の際に、ラグビーワールドカップで熊谷を訪れる6ヵ国(ロシア、サモア、ジョージア、ウルグアイ、アルゼンチン、アメリカ)の代表選手に向け、イベントに来場した子供たちやAEAに参加している子どもたちが応援メッセージを描いたものです。その国の言語で「頑張れ!」や「楽しみにしています!」といったメッセージが書かれており、熊谷の子どもたちの思いがたっぷりと詰まっています。

(イベントの詳細は、No.49の記事をご覧ください。)

 

大使館に向かう前、代表理事の赤井由紀子さんは「大使とお話できる短い時間の中でそれぞれの思いをきちんと伝えられるよう、笑顔を忘れず大きな声で積極的に頑張りましょう!」と子供たちの背中を後押ししました。また、まずは挨拶が基本ということで、子供たちはサモア語やウルグアイの公用語であるスペイン語での挨拶を練習していました。

0823-1

 

サモア大使館

サモア大使館では、大使のファアラヴァアウ・ペリナ・ジャックリーン・シラ  ツアラウレレイさんと参事官のジャスティン・リマさんがお迎えをしてくださいました。子供たち一人ひとりと顔を合わせて名刺交換を行ったあと、「今日は遠くから来てくれてありがとう。みなさんに会えてとても嬉しいです。」とにこやかに挨拶されました。

そのあと、サモアの文化や観光地について大使自ら説明をされ、「サモアはとても素敵なところです。皆さんが大人になったらぜひ遊びに来てくださいね。」と子供たちに優しく声をかけていました。また、大使がなにか質問はありますかという問いかけをすると、子供たちはサモア文化やラグビーに関することなど、様々なことに興味を持って積極的に質問しており、とても盛り上がりました。

0823-2 0823-3

 

そして、子供たちがメッセージボールとお土産などを手渡し。大使はボールに書かれたメッセージをじっくりと読んだり、お土産について一人ひとりと話をしたりなど、とても喜んでいただきました。

 

0823-4 0823-5

 

 

ウルグアイ大使館

ウルグアイ大使館では、大使のセサル・フェレールさんがお出迎えをしてくださり、一人ひとりと丁寧に挨拶をしたあと、大使館はどんな仕事をしているのか、また最近のウルグアイのことについてなど、とても分かりやすく教えてくれました。

ウルグアイのラグビーについては、「ラグビーワールドカップの代表選手はほとんどがアマチュアであり、プロが数名しかいない状況で予選を勝ち抜いてワールドカップ出場への切符を手にした」というお話も。これに子供たちはとても驚いたようで、「ウルグアイが出場する試合にも注目して、応援したいと思います。」と答えていました。また、ラグビーを習っていると話した子に対して、大使は「アジアで初めて開催されるラグビーワールドカップ、とても楽しみですね。きっと人生でよい思い出になるでしょう!」という温かい言葉もかけてくださいました。

0823-11

 

そして、子供たちからメッセージボールやお土産を手渡し。とても喜んでくださり、一人ひとりとメッセージボールでパスをし合いました。笑顔の絶えない、とても和やかな時間となりました。

0823-7 0823-8

0823-9 

 

 

 

 

メッセージボールを渡してみて、木村つち香さん(小学6年生)は「はじめは緊張していたが、大使の方がとてもフレンドリーで優しかったので、途中から楽しく話すことができた。大使の方とお話する機会は滅多にないので、とてもよい経験になりました。」と話してくれました。 

また、嵩岡うるいさん(小学5年生)は、「せっかく熊谷にきてくれるので、歓迎の気持ちを伝えようとお土産を渡そうと思い、事前にお母さんと一緒に選んで熊谷名物の五家宝を持ってきた。喜んでもらえたようでとても嬉しかったです。」と答えてくれました。

今回のことは、子供たちにとって、一生に一度かもしれないとても貴重な経験になったのではと思います。AEAや熊谷の子どもたちがメッセージボールに込めた思いは、きっと選手たちに届くことでしょう。

 

今後、大会前までにその他の国のメッセージボールについても、大使や選手などに手渡しできたらと考えているとのことです。

 

0823-6 0823-10

 

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター  

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎1階

ファックス:048-524-0770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?