Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 北部地域振興センター > 埼北ラグビー&オリパラ『情報えとせとら』 > RWC2019『情報えとせとら』No.67―涼しさ届ける階段アート!ラグビーをモチーフにイラストを描いた小学生にインタビューしました―

ここから本文です。

 

掲載日:2019年7月22日

RWC2019『情報えとせとら』No.67―涼しさ届ける階段アート!ラグビーをモチーフにイラストを描いた小学生にインタビューしました―

毎年、猛暑をむかえる熊谷。そんな熊谷に涼しさを演出する階段アートが、熊谷駅と籠原駅に6月から展示されています。この事業は熊谷市の「暑さ対策事業」として行われているもので、今年で9年目を迎えます。「涼」「水」「青」をテーマとし、作品を募集。応募者の最年少は7歳、最高齢は57歳と、幅広い年齢層から多くの作品が応募されたとのことです。そして今回、その中から視覚で涼しさを体感できる6作品が選ばれました。

えとせとらでは、熊谷駅南口に展示されている「ムサシトミヨと水中ラグビー」を描いた川初倫太郎くん(7歳)にインタビューをしました。

【熊谷駅南口】※熊谷市より写真提供

絵が好きで、普段は電車や恐竜の絵を描くと話してくれた川初くん。「お父さんが駅を使っているので、毎日僕の絵を見てほしくて頑張りました。」と照れながらも答えてくれました。受賞の連絡を聞いた際は、飛び跳ねて喜び、川初くんの作品が階段に貼り付けられる日には、夜中2時にお父さんと一緒に工事の様子を見に行ったそうです。

イラストのモチーフについて伺うと、「今年は熊谷でラグビーワールドカップが開催されるので、ラグビーを描きました。魚も海も好きだから一緒に。」とのこと。また、「ラグビーボールを書くのが難しかった。ニャオざねが持っていたボールを見て描いた。ユニフォームは日本代表のもの。」と話してくれました。イラストに登場するムサシトミヨは、熊谷にあるムサシトミヨ保護センターに何度も観に行ったことがあるそうです。インタビューの途中、ムサシトミヨの生態について、体にトゲがあって、巣をつくるなど大人顔負けの知識を披露してくれました。

また、ワールドカップについて伺うと、「昨年はこけら落としを観に行った。今年は試合を観に行くので楽しみ。」と話してくれました。

子どもたちは夏休みを迎えます!このイラストのような楽しい思い出がたくさんできるといいですね。

階段アートはラグビーワールドカップの熊谷ラグビー場での最終試合がある10月9日(水曜日)まで展示予定です。8月20日(火曜日)からは、熊谷駅正面口・籠原駅北口(西側)にラグビーワールドカップ2019TM仕様の階段アートも登場します。ぜひご注目ください。

【インタビューを受けてくれた川初倫太郎くん(7歳)】

 

参考リンク

熊谷市ホームページ https://www.city.kumagaya.lg.jp/atsusataisaku/all/atusataisakuosirase/kaidanart/ta040101.html

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター  

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎1階

ファックス:048-524-0770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?