Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 北部地域振興センター > 地域振興 > RWC2019『情報えとせとら』No.39〜世界中の人々を迎える準備!熊谷市でスペイン語の講座が開催されました。〜

ここから本文です。

 

掲載日:2019年1月15日

RWC2019『情報えとせとら』No.39
〜世界中の人々を迎える準備!熊谷市でスペイン語の講座が開催されました。〜

熊谷で試合を行う6ヵ国のうち、アルゼンチンとウルグアイはスペイン語を公用語としており、大会時には大勢のスペイン語を話す方々が訪れることが予想されます。そうした方々をおもてなしの心で迎えようと、1月12日(土曜日)、熊谷市緑化センターにてスペイン語講座「スペイン語これだけ!〜ラグビーおもてなし超入門〜」が開かれました。今回の講座は2回目の開催で、約15名が参加しました。

熊谷市国際交流協会の新井さんは、「熊谷にもスペイン語圏の人が来ることが想定される。そうした方々に対するおもてなしの準備ができればと思い開催した。」と今回のイベントの狙いを述べていました。

講師はペルー人のガブリエラさん。
講座では、「こんにちは」や「ありがとう」などの簡単な挨拶についてレッスンを受けた後、道案内に使う言い回しや単語を学びました。最後には、ジェスチャーや文化の違いについても紹介されました。

 

市内から参加した男性(30代)は、「いつもこのような講座に参加している。機会があれば外国の人に案内したい。」と意欲的に話していました。

同じく市内から参加し、W杯ではボランティアをするという女性(50代)は、「子どもがラグビーをやっていて、スポーツを通じた交流に魅力を感じた。今回の講座で学んだことを活かして、外国から来た方々が気持ちよく過ごせるようなおもてなしを実践できるようにしたい。」と意気込みを見せてくれました。

ワールドカップイヤーを迎えた熊谷では、世界中の人々をお迎えする準備が着々と進んでいます。

スペイン語講座テキスト

熊谷市国際交流協会

 

電話:048-524-1111(熊谷市広報広聴課)

HP  :http://www.k-ifa.jp/

 

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター  

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎1階

ファックス:048-524-0770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?