Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 北部地域振興センター > 埼北ラグビー&オリパラ『情報えとせとら』 > 埼北ラグビー&オリパラ『情報えとせとら』No.90-男子7人制ラグビー日本代表候補の合宿が行われました!-

ここから本文です。

 

掲載日:2020年1月29日

埼北ラグビー&オリパラ『情報えとせとら』No.90-男子7人制ラグビー日本代表候補の合宿が行われました!-

1月24日(金曜日)から26日(日曜日)の3日間、熊谷ラグビー場で、男子7人制ラグビー日本代表候補の熊谷合宿が行われました。初日の24日(金曜日)は、Cグラウンドでパス回しやゲーム形式のトレーニングに汗を流す選手たちの様子を間近に見ることができました。

練習する選手1 練習する様子4

ワールドカップに続いてオリンピックに注目!

ラグビーワールドカップをきっかけに知り合った仲間と見学に来ていた深谷市の女性は、「ワールドカップをきっかけにラグビーに関心を持った。7人制は観戦したことがないが、これから注目したい」と話してくれました。

また、伊勢崎市から来た親子は、「子ども(小3)がラグビーをやっている。オリンピックでもラグビーを観戦する予定で、とても楽しみ」と話してくれました。

見学する家族  

吉澤太一選手にインタビュー!

参加メンバーのひとり、熊谷市出身で立正大学ラグビー部主将を務めた吉澤太一選手(コカ・コーラ レッドスパークス所属)は、東京2020オリンピック競技大会について、「ワールドカップでラグビーが注目される中、セブンズ(7人制ラグビー日本代表)への期待はこれまで以上に大きいと感じる。日本が活躍することで、ラグビーへの関心が根付くことにもなると思うので、自分も頑張りたい」と意気込みを語ってくれました。

さらに、現在は所属チームの本拠地である福岡市に住むという吉澤選手。出身である熊谷への思いについて「地元がラグビーで盛り上がっていてとても嬉しい。地元でラグビーを楽しむ子どもたちの目標になれるような選手でありたい。これまで応援してもらった地域の皆さんに恩返しができるよう努力したい」と話してくれました。

吉澤選手1  吉澤選手2

1月12日にはトップリーグが開幕し、まだまだラグビーの盛り上がりが続く”ラグビータウン熊谷”。地元出身選手の世界での活躍が期待される7人制ラグビーからも目が離せません!

お問い合わせ

企画財政部 北部地域振興センター  

郵便番号360-0031 埼玉県熊谷市末広三丁目9番1号 埼玉県熊谷地方庁舎1階

ファックス:048-524-0770

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?