ページ番号:169631

掲載日:2021年3月30日

ここから本文です。

管内NPO法人の活動レポート(令和元年度)わわわ工房・Happy-Wildcats

 

 

NPO法人わわわ工房

 

〔活動の概要〕

   わわわ工房は、次世代を担う子どもたちが、様々な経験を通して無限の可能性を伸ばし、それぞれが自主性を備えた社会の実現を目的としています。

  平成30年4月に法人化し、まちづくり事業、ダイバーシティー教育・相互理解事業・各種のイベント・文化教育事業等を行っています。

 

ぬまのほとりマルシェに行ってきました。令和元年10月5日(土曜日)

行田市の水城公園忍沼のほとりにハンドメイド・クラフト作家の店が25店、出店していました。それぞれ、個性的な作品を出品していました。

旗縦

 

陸地

 

 水辺

代表者からのコメント(代表理事野口智子)

私たちは、地域の子どもたちに、思いっきり驚いたり、心の底から笑ったり、色々な人たちと出会い、つながることで、豊かな感性と無限の想像力を育んでほしいと思っています。

これまで行ってきた子ども食堂や七夕フェスに加えて、10月からは毎月1回、ぬまのほとりマルシェを開催します。子どもや子育て世代をはじめとして、高齢者の方々にも楽しんでもらえるようなマルシェを創っていきたいと思います。

私たちと一緒に活動していただける方もお待ちしています。

 

法人データ

名称:特定非営利活動法人わわわ工房

住所:行田市忍2-14-6

電話:090-7814-9615

 

 

NPO法人Happy-Wildcats

〔活動の概要〕

Happy-Wildcatsは、動物愛護精神に基づき、飼い主のいない猫の保護、治療、譲渡や福祉に係る事業を中心に活動し、広く一般市民に対し、人と猫が適正に共生できるための啓発・教育活動を行い、生命を尊重する豊かな社会の実現に寄与することを目的としています。

平成29年4月に法人化し、猫の不妊去勢手術の推進事業、地域ふれあい促進事業、動物愛護精神の啓発活動事業を行っています。

 

令和元年12月3日(火曜日)保護猫シェルターを見学しました。

Happy-Wildcatsでは、飼い主のいない猫を保護する保護猫シェルターで猫の動きを制限しない施設運営を

心掛けています。

見学した当時は40匹ほどの猫が保護されており、福島の豪雨で保護された猫も来ていました。

家屋

 

 

 

室内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫1

 

 

 

猫2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代表者からのコメント(代表理事保科清子)

Happy-Wildcatsは、平成26年8月にオープンした埼玉県蓮田市の保護猫シェルターです。

飼い主のいない見捨てられた猫を新しい飼い主さんとの出会いにつなぐ活動をしております。

現在、日本には人間の身勝手な理由により、殺処分される猫が10数万頭います。

私達は「目の前にいる小さな命を救いたい、そして幸せにしたい」という願いから任意団体として活動を始めました。

 

病気や高齢化によって飼えなくなった猫、行政機関、多頭飼い崩壊現場や被災地から保護された猫たちに必要な基本医療を受けさせた後に、里親募集をしております。

生命を尊重し、人間と猫が適正に共存できる豊かな社会を実現できるよう一匹でも多くの猫が幸せになれるように活動をしてまいりますのでHappy-Wildcatsを応援していただければ幸いです。

 

猫のお世話をしていただくボランティアさんを募集しております。

 

 

法人データ

 

名称:特定非営利活動法人Happy-Wildcats

住所:蓮田市椿山3-25-10

電話:090-4139-2071

 





お問い合わせ

企画財政部 利根地域振興センター 総務・防災・県民生活担当

郵便番号361-0052 埼玉県行田市本丸2-20 埼玉県行田地方庁舎1階

ファックス:048-554-4442

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?