ページ番号:73593

掲載日:2020年7月29日

ここから本文です。

東金子第八区防犯パトロール隊の活動紹介

  東金子第八区防犯パトロール隊の活動について、取材をさせていただきました。当団体は、平成28年度埼玉県防犯のまちづくり推進会議総会において、埼玉県知事から感謝状を贈呈された団体です。

  当団体では、約100世帯が11班に分かれ、1班ごとに毎月1回のペースで夜間パトロール活動を行っています。

夜間パトロールに同行させていただきました。

  当日は地区の公会堂に集合し、当センターの職員から県内の犯罪状況について説明させていただいた後、夜間パトロールに出発しました。

201608191

  この地区では街灯が少なく、坂道が多いので、夜間はとても暗くなります。隊員達は、周りをよく注意しながらパトロールをしています。赤く光る警棒を持ち拍子木を打ち鳴らしながら、一団となって行動します。

201608192

 201608193

 

 

 

  パトロールの途中、道路の柵に防犯パトロール活動の実施を示す看板や旗がありました。看板や旗があることで、犯罪の抑止につながるそうです。

 活動に関するお話を、代表の堀井様から伺いました。

活動のきっかけを教えてください。

  入間市防犯セミナーに参加したことをきっかけに、地区内で防犯意識が高まり、2005年から地区の防犯係と有志のメンバーで夜間パトロールを始めました。現在のように活動するようになったのは2008年からです。

パトロール中はどのような点に注意や工夫をしていますか?

  暗い場所に不審な人がいないか、不審な物がないかを特に注意しています。他には、隊員同士のコミュニケーションの強化とパトロール活動をより多くの住民に知ってもらえるよう、隊員の写真を撮り、町内に回覧をするなどしています。

活動を継続するにあたり、課題はありますか?

  近頃は防犯パトロールの回覧チラシの愛読者が減少していることや、高齢化により活動の参加者が減っていくことが考えられることです。当団体の役員の平均年齢は40代と若いので、若い世代などに働きかけて参加者数を増やし、パトロール活動をしたいと思います。

活動をしていてよかったと思う点はなんですか?

  普段あまり会えない住民同士で会話ができることです。防犯パトロール活動を通じて、地域交流が活発になりました。また、知事から感謝状を頂けたことも嬉しいです。

 

201608194

  東金子第八区防犯パトロール隊の皆様、取材を受けて頂きありがとうございました。

 

お問い合わせ

企画財政部 西部地域振興センター  

郵便番号359-0042 埼玉県所沢市並木一丁目8番地の1 埼玉県所沢地方庁舎2階

ファックス:04-2993-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?