Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年3月13日

「西部地域魅力体験バスツアー」を実施しました。

  西部地域振興センターでは、若年世代の転入・定着と交流人口増加を目指すため、県西部地域(※)の魅力発信を強化する取組の一環として、管内に所在する大学・短期大学の学生を対象に県西部地域を巡るバスツアーを実施しました。

  参加学生には、地域の名所や特色ある企業を視察していただきました。

  ※所沢市、飯能市、狭山市、入間市及び日高市 

ツアー概要

日時

  平成31年2月15日(金曜日)午前9時45分から午後5時10分まで 

行程

  飯能駅南口(午前9時45分出発) → メッツァ(見学)→ 加藤牧場(体験、昼食)→

  八千代工業株式会社(見学、体験)→ 入間市文化創造アトリエAMIGO!(アミーゴ)(見学)→

  株式会社倉片人形(見学)→ 航空公園駅(午後5時10分解散) 

参加者が在籍する大学・短期大学(50音順)

  • 秋草学園短期大学
  • 埼玉女子短期大学
  • 駿河台大学
  • 西武文理大学

ツアー当日の様子

メッツァ(飯能市)

  今回のバスツアーは、最初に飯能市内にあるメッツァを訪問しました。

  メッツァは、飯能市の宮沢湖周辺に作られたテーマパークで、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」(平成30年11月9日開業、入場無料)とムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」(平成31年3月16日開業、入場有料)の2つのエリアからなっています。

  バスツアーでは、「メッツァビレッジ」を視察しました。

  「メッツァビレッジ」は、北欧ブランド雑貨や新鮮な地元野菜、工芸品などのショッピングができるマーケットや、北欧風の飲食を堪能できるレストランなどがあり、また、ものづくりやアートを通じた「学びの場」となるワークショップやレンタルカヌーなど、多彩な体験を家族や友人同士で楽しめるようになっていました。

  

  運営会社の方からテーマパークの説明を受ける参加学生

  

有限会社加藤牧場(日高市)

  加藤牧場は、フリーストール(牛を繋がずに自由に歩き回れる牛舎)とミルキングパーラー(16頭を同時に搾乳できる搾乳舎)などの近代設備を備え、乳牛200頭を飼育している牧場です。都心から1時間程度の 交通の便の良さから、数々の雑誌、テレビなどに出演しています。釜焼きピッツァ作り体験、乳搾り体験、バター作り体験、アイス作り体験、チーズ作り体験など、様々な体験メニューがある観光牧場です。

  社員の方からバター作りの説明を受け、バター作りを体験しました。

  

  瓶を振ってバターを作る様子

 

 

  牧場の写真をSNSで発信

  

八千代工業株式会社(狭山市)

  八千代工業は、主にホンダ車の燃料タンクとサンルーフを生産しています。その他、バンパーやダッシュボードなどの樹脂製品の製造・塗装を行っています。自動車の軽量化、低燃費化に寄与する素材となる炭素繊維強化プラスチックの研究を行っており、この素材を使って陸上競技用車椅子の製作・研究を行っています。 

  会社の方から企業の取組の説明を受け、陸上競技用車椅子の試乗もさせていただきました。  

 

  陸上競技用車椅子に試乗

 

入間市文化創造アトリエAMIGO!(入間市)

  入間市文化創造アトリエは、織物が盛んであった入間地方に設立された埼玉県の繊維工業試験場の廃止に伴って、その土地と建物を活用して設置された入間市の公共施設です。平成13年2月にアミーゴという愛称とともに、文化、芸術、表現活動などの練習場・稽古場としてオープンしました。平成20年4月から文化創造事業や施設管理などの運営は、市民団体のNPO法人入間市文化創造ネットワークが行っています。

  館長から施設や取組の説明をしていただき、入間市文化創造アトリエと縁のあるプロの演奏家による演奏を聴きました。

   

  演奏家の2人と記念撮影

  

株式会社倉片人形(所沢市)

  今回のバスツアーの締めくくりは、所沢市内のひな人形製作の倉片人形を訪れました。倉片人形は、ひな人形作りの仕上げ工程となる着付けの分野を担っています。創業180年を迎える老舗です。

  社長から節句のいわれやひな人形に込められた願いなどについて説明していただき、ひな人形を見学しました。

 

  ひな人形の説明を受ける 

 

参加学生が地域の魅力を発信

西方見聞大使

  今回のバスツアーでは、参加学生を埼玉県西部地域の魅力をSNSで発信する「西方見聞大使」に任命して、魅力スポットの写真などをインスタグラムで発信してもらいました。

  参加学生は、バスツアー後も地域の魅力を発信していく予定です。

  こちらも是非ご覧ください。⇒ 西方見聞大使インスタグラム

 

  御協力いただきました企業、施設の皆さま、ありがとうございました。

 

お問い合わせ

企画財政部 西部地域振興センター  

郵便番号359-0042 埼玉県所沢市並木一丁目8番地の1 埼玉県所沢地方庁舎2階

ファックス:04-2993-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?