Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

掲載日:2019年3月13日

「西部地域の歴史・魅力体験バスツアー」を実施しました。

  西部地域振興センターでは、若年世代の転入・定着と交流人口増加を目指すため、県西部地域(※)の魅力発信を強化する取組の一環として、管内に所在する大学・短期大学の学生を対象に県西部地域を巡るバスツアーを実施しました。

  参加学生には、地元の特産品である狭山茶に親しんでもらえるよう、狭山茶のお茶入れ体験や狭山茶を使用した料理の試食のほか、地域の名所や特色ある企業を視察していただきました。

  ※所沢市、飯能市、狭山市、入間市及び日高市 

ツアー概要

日時

平成29年2月22日(水曜日)午前9時から午後5時まで 

行程

  航空公園駅・所沢航空記念公園(午前9時出発) → 株式会社狭山金型製作所(見学、体験)→

入間市博物館ALIT(アリット)(見学)→ お茶っこサロン 一煎(体験、昼食)→ 店蔵絹甚(見学)→

高麗神社・高麗家住宅(見学)→ 株式会社アダムジャパン(見学、体験)→ 狭山市駅(午後5時解散) 

参加者が在籍する大学・短期大学(50音順)

  • 秋草学園短期大学
  • 埼玉女子短期大学
  • 駿河台大学
  • 西武文理大学

ツアー当日の様子

航空公園駅・所沢航空記念公園

   当日は天候に恵まれ、絶好のツアー日和となりました。

 

 

 

 

  バス乗車後、所沢航空記念公園に展示されている飛行機YS-11を車窓見学しました。

 

 

 

 

株式会社狭山金型製作所

  精密金型の設計・製作から製品製造までを行う企業です。 

  社員の方から、企業概要や地元企業同士での連携等の取組について、映像を交えながら御説明をいただきました。

 

 

 

 

  その後、工場内を見学しながら、金型製作について御説明をいただきました。実際の製造工程を見る学生達の表情は真剣そのものでした。

 

 

 

 

  金属板に穴を空ける体験の様子です。社員の方にアドバイスをいただきながら、機械を操作しました。 

 

 

 

 

入間市博物館ALIT(アリット)

  入間市の自然や歴史、お茶を紹介する博物館です。 

  初めにバルコニーから入間市の地形を確認し、入間市や狭山市、所沢市などの西部地域でお茶の生産が盛んな理由について、学芸員の方から御説明をいただきました。

 

 

  展示室では狭山茶をはじめとする日本茶や、ツアーの行程に絡めて入間市や周辺地域の絹産業、高麗郡についても御説明をいただきました。

 

 

 

 

お茶っこサロン 一煎

  博物館に併設されているレストランです。

  地元入間市で製茶業に携わっている日本茶インストラクターの方からレクチャーを受けながら、お茶入れ体験をしました。

 

 

  家庭で急須でお茶を入れる機会が減っていると言われていますが、学生達はお茶の種類や一煎目と二煎目の味や香りの違いを確かめながら、体験を楽しんでいました。

 

 

 

  お茶入れ体験の後は、昼食です。

  狭山茶を使ったメニューについて、お茶っこサロン 一煎の代表から御説明をいただきました。 

  学生からは「とてもおいしかった」と好評でした。

 

 

店蔵絹甚

  店蔵絹甚は、飯能市の登録文化財に指定されている建物です。

  飯能市職員の方から建物の歴史や概要について御説明をいただきながら、見学しました。

 

 

  

  ツアー実施日は「飯能ひな飾り展」が開催されており、室内いっぱいにひな人形が飾られていて、中には何枚も写真を撮る学生もいました。

  併せて、店蔵絹甚周辺の店舗に飾られているひな飾りも見学しました。

 

 

 

高麗神社・高麗家住宅

  高麗神社は、高句麗の王族・高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)を祭る神社です。

  また、境内の隣接地にある高麗家住宅は、高麗神社の宮司を代々務めた高麗家の旧住宅で、国の登録文化財に指定されています。

 

 

  神職の方に、神社の歴史や旧住宅の概要について御説明をいただきました。  

 

 

 

 

 

株式会社アダムジャパン

   キュー(ビリヤードの球を突く棒)の製造・販売を行う企業です。

  工場内を見学しながら、キューの製造工程について御説明をいただきました。

  1本が完成するまでに数年かかることや、100万円を超える製品があることなどを聞いて、学生達は驚いていました。

 

  工場見学後は、プロスタッフのレクチャーを受けながら全員がビリヤードを体験しました。

  最後にプロスタッフの方二人にデモンストレーションをしていただきました。華麗な技に学生達の目はくぎ付けになっていました。

 

 

バスツアーを終えて

  参加学生から、バスツアーの感想をいただきました。

  • 意外にも身近な場所に、様々な見どころがあるということに気がつきました。西部地域の新たな魅力を知ることができて楽しかったです。
  • 知っている場所でも詳細については知らなかったので、このバスツアーはとても新鮮で楽しかったです。
  • 狭山茶は大好きですが、おいしいお茶の入れ方について知らなかったので、とても勉強になりました。
  • 見学先で様々なことを体験させてもらえてよかったです。
  • 予想以上に楽しく、また、多くのことを学べました。このバスツアーに参加できてよかったです。

 

 

  御協力いただきました企業、施設の皆様、ありがとうございました。

 

お問い合わせ

企画財政部 西部地域振興センター  

郵便番号359-0042 埼玉県所沢市並木一丁目8番地の1 埼玉県所沢地方庁舎2階

ファックス:04-2993-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?