ページ番号:8476

掲載日:2020年8月17日

ここから本文です。

元町本町町内会の活動紹介

活動の紹介

所沢市元町本町町内会の防犯パトロール活動を取材しました。

元町本町町内会は、防犯パトロール活動を通じて防犯のまちづくりに貢献したとして、平成21年6月に埼玉県知事から感謝状が贈呈された団体です。

元町本町町内会では、防犯パトロールを月に3回、12月には4回実施しています。

夜間のパトロールが主なのが特徴です。また、冬の時期は火災が多発するため、11月及び12月のパトロールは防火活動にも取り組んでいます。

集合写真

今回、私たちも防犯パトロールに参加させていただきました。

また、当日は所沢警察署の竹内さんも一緒に参加してくださいました。

パトロール前のあいさつ

今回は29名お集まりになり、午後7時から二班(2コース)に分かれて実施しました。

暗くて周りが見えにくいので、気をつけながら防犯パトロールをします。

パトロール 

拍子木を鳴らしながら、「火の用心」を呼びかけています。

冬になってくると、火事も増えてきます。

防犯と合わせて、火の取扱いにもお気を付けください。

拍子木 火の用心

防犯灯をつけて防犯パトロールをしていきます。

それぞれが防犯灯を持ちながら、町内を歩いていきます。

パトロール

元町本町町内会の方のお話

防犯パトロール中に、元町本町町内会の方からお話を伺うことができました。

まず、小澤会長のお話をご紹介します。

元町本町自治会小澤会長

いつから活動しているのですか。

平成5年4月1日以降、それまで防犯連絡所方式だった防犯組織を市関係部署が見直し、防犯推進委員委嘱制度になりました。それを受けて町内会も積極的に協力し、平成18年から現在のような毎月の夜間パトロ-ル体制が出来上がりました。

防犯パトロールの際に注意していることはありますか。

気をつけていることとしては、三つあります。

  • 一つ目は、町内中の街路灯に異常はないか
  • 二つ目は、空き地や空き家がきちんと管理されているか
  • 三つ目は、歩行者に対して危険なところ(暗いところや車の走行)がないか

ということに気を配りながら、パトロールをしています。

防犯パトロールをしていてよかったことはなんですか。

この活動の中心的な存在で、長く防犯推進委員をしていただいている吉沢さんとそれをサポートする奥様及び町内会諸先輩のかたがたの努力が認められ、県知事から表彰されたことです。

また、パトロール中に地域の方から「ごくろうさま」「ありがとう」などの声をかけていただけることがとてもうれしいです。

活動に対する課題などはなにかありますか。

日中働いていて忙しい若い人にどうやったら参加してもらえるのか、できるだけ多くの人に参加してもらいたいので、いろんな人が参加できる環境づくりをしていくことが課題です。

これからも防犯のまちづくりを続けていくため、大切な活動である防犯パトロールを町内会全体で続けていきたいと思います。

次に、元町本町町内会の方にお話を伺いました。

元町本町町内会の方

防犯パトロール活動をしていてよかったことはなんですか。

マンションの建設が進み知らない人が増えている中で、防犯パトロールを通じて普段会わない人と知り合いになれることが、いいことだなと思います。また、人と会うことで情報交換ができたり、歩くことによって運動になるので、健康にも良いと思います。

皆様防犯パトロール活動お疲れ様でした。また、今回パトロール活動に参加させていただきありがとうございました。

寒くなってまいりましたので、お体に気をつけて御活動ください。

お問い合わせ

企画財政部 西部地域振興センター  

郵便番号359-0042 埼玉県所沢市並木一丁目8番地の1 埼玉県所沢地方庁舎2階

ファックス:04-2993-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?