ページ番号:61360

掲載日:2020年8月17日

ここから本文です。

所沢松が丘自治会の活動紹介

 所沢松が丘自治会(地域パトロール)の活動を取材させていただきました。

 当自治会では、地域における防犯のために、「ぶらっとパトロール」「学童パトロール」「夜間パトロール」「わんわんパトロール」などを実施しています。

 今回は夜間の歳末防犯パトロールに参加させていただきました。なお、当自治会は今年の6月8日に開催された「埼玉県防犯のまちづくり県民会議」において、埼玉県知事から西部地区の代表として感謝状が贈呈された団体でもあります。

 歳末防犯パトロールの取材を行いました。

 松が丘中央集会所に小林自治会長、猪狩理事のもと、防犯担当班長や役員が集合し、今回のパトロールの目的を確認しました。

 松が丘1 松が丘4

  

 松が丘3

 

 所沢駅前交番の警察官からは、松が丘地区の最近の地域情報について報告がありました。11月20日には同地区で連続して4件の空き巣があり、犯人は未だに捕まっていません。そのため、空き巣対策について丁寧な説明がされるとともに、皆さん真剣に質問をしていました。

  松が丘5 松が丘2

 

パトロールに出発する皆さんです。不審者・不審物の有無、空き家の確認、防犯灯・街路灯の点検などをチェックリストにより確認しながらパトロールを行います。

 防犯6 松が丘7

 

 1時間ほどかけてパトロールを行いました。地域を守るためにパトロールは欠かせないものとなっています。

 松が丘9 松が丘7

 

活動に関するお話を猪狩理事さんに伺いました。

パトロールに関して工夫していることはありますか。

 一番注意していることは不審者がいないかどうかです。空き巣被害が続いたこともありますので、皆さんに注意を呼び掛けています。犬の散歩時に合わせてパトロールを行う「わんわんパトロール」がありますが、暗くなっても目立つように自治会でオリジナルの啓発品「スウィングボーン」を作っています。「スウィングボーン」を携帯することは地域の目として犯罪発生の抑止に効果があると考えています。

  

松が丘10

 スウィングボーンとは

愛犬と散歩する際にリードなどに付けます。反射材を使用しているため暗くても目立ちます。

 

パトロールをしていて良かったことは何ですか。

 住民の防犯に対する意識が高くなったことです。自分達が活動することにより、気が付いてくれる人が増えてきたことも励みになります。

 

今後の課題や抱負について教えてください。

 犯罪に対して強いと言われる地域になっていければと思っています。そのためには皆さんに協力していただく必要があります。活動に参加していただくことも、更にお願いしていかなければならないと考えています。一度や二度ではなく、恒常的にパトロールの協力をお願いしていくことが課題となっています。 

 

ありがとうございました。

  空き巣があった際にはすぐに対応し、皆さんの目にしやすいゴミ集積所に防犯ニュースを貼り出す取組みを行っているとのことです。散歩やジョギングで行える「ぶらっとパトロール」も強化していかれるそうです。次回は「スウィングボーン」を付けて「わんわんパトロール」を行っているところを取材させていただければと思います。

  所沢松が丘自治会の皆さん、ありがとうございました。

お問い合わせ

企画財政部 西部地域振興センター 地域振興担当

郵便番号359-0042 埼玉県所沢市並木一丁目8番地の1 埼玉県所沢地方庁舎3階

ファックス:04-2993-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?