Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 川越比企地域振興センター > 防災(危機管理・災害対策) > 「平成31年度埼玉県災害対策本部川越支部災害対策連絡会議」を開催しました。

ここから本文です。

 

掲載日:2019年6月27日

「令和元年度埼玉県災害対策本部川越支部災害対策連絡会議」を開催しました。

6月21日(金曜日)県中央防災基地(川島町)で、川越支部管内の14市町村と県48地域機関が一同に会して「埼玉県災害対策本部川越支部災害対策連絡会議」を開催しました。

会議では、災害時に支部長となる川越比企地域振興センター所長からの危機管理に関する訓示の後、県消防防災課職員による本県の防災体制等の説明や、地震・風水害発生時の川越支部の対応について改めて確認を行いました。その後、中央防災基地に備蓄されている食料や生活必需品、投光器などの災害用資機材の視察を行いました。

このところ日本各地で大きな地震が発生しています。県では「命を守る3つの自助」として、①家具の固定②3日分以上の水・食料の備蓄③災害用伝言サービス体験を推奨しています。ぜひ皆様方もいざという時のための備えについて御家族で話し合ってください。

【川越支部管内14市町村】川越市、東松山市、坂戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、東秩父村

【中央防災基地(比企郡川島町大字上狢111-1)】埼玉県の防災基地は、災害発生時の応急対策を迅速に行うため、被災者の救援・救護に必要な食料や生活必需品などを備蓄する防災倉庫及び救援物資などの集配機能を備えた総合的な防災活動拠点です。中央防災基地は、県内5か所(越谷、新座、秩父、中央、熊谷)に整備された防災基地の一つで、東京ドーム約2個分の敷地面積があります。

 

会議の様子 備蓄物資等の見学
会議の様子 備蓄物資等の見学

  

お問い合わせ

企画財政部 川越比企地域振興センター  

郵便番号350-1124 埼玉県川越市新宿町一丁目17番地17 ウェスタ川越公共施設棟4階

ファックス:049-243-1707

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?