トップページ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 県央地域振興センター > 地域振興 > 終了した事業 > 第110回簡易アンケート「移住・定住の促進について」の結果を公表しました。

ページ番号:104162

掲載日:2020年3月17日

ここから本文です。

第110回簡易アンケート「移住・定住の促進について」の結果を公表しました。

 

1  調査の概要

(1)調査形態

  • 調査時期:平成29年6月8日(木曜日)から6月14日(水曜日)
  • 調査方法:インターネット(アンケート専用フォーム)による回答
  • 対象者:県政サポーター(3,349名)
  • 回収率:68.1%(回収数2,280名)
  • 回答者の属性:(百分率表示は、小数点以下第二位を四捨五入したため、個々の比率の合計は、100%にならない場合がある。)  

【回答者の属性】

  人数(人) 比率(%)
全体   2280   100.0
性別 男性   1350     59.2
女性     930     40.8
年齢 16~19歳       11       0.5
20~29歳     104       4.6
30~39歳     264     11.6
40~49歳     574     25.2
50~59歳     524     23.0
60~69歳     395     17.3
70歳以上     408     17.9
職業 個人事業主・会社経営者(役員)     208       9.1
家族従業(家業手伝い)       19       0.8
勤め(全日)     847     37.1
勤め(パートタイム)     327     14.3
専業主婦・主夫     339     14.9
学生       34       1.5
その他、無職     506     22.2
家族構成 単身     193       8.5
夫婦のみ     723     31.7
親子(2世代)   1182     51.8
親・子・孫(3世代)     158       6.9
その他       24       1.1
お住まいの地域 南部地域(川口市、蕨市、戸田市)     203       8.9
南西部地域(朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町)     166       7.3
東部地域(春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町)     239     10.5
さいたま市     487     21.4
県央地域(鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市、伊奈町)     201       8.8
川越比企地域(川越市、東松山市、坂戸市、鶴ケ島市、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、東秩父村)     224       9.8
西部地域(所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市)     179       7.9
利根地域(行田市、加須市、羽生市、久喜市、蓮田市、幸手市、白岡市、宮代町、杉戸町)     172       7.5
北部地域(熊谷市、本庄市、深谷市、美里町、神川町、上里町、寄居町)     107       4.7
秩父地域(秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町)       22        1.0
県外     280     12.3

  

(2)調査結果の見方

  ア.設問中の()内の数字及びグラフの中の数字は、回答比率(%)です。

  イ.回答比率(%)は小数点以下第二位を四捨五入したため、個々の比率の合計と全体またはカテゴリーを
      小計した数値が、100%にならないことがあります。 

  ウ.図表中の「-」は回答者が皆無なもの、「0.0」は回答者の比率が0.05%未満のため四捨五入の結果0.0%と
      なったものです。

  エ.グラフの中で「n」とあるのは、その質問の回答者の総数を示し、回答比率は「n」を基数として算出して
      います。

  オ.複数回答の質問については、その回答比率の合計は、100%を超える場合があります。

2  調査の目的

   県では、地域振興施策の一環として、県内への移住・定住を促進するため、地域の魅力や住みやすさに関する情報の発信や都内での相談対応などを行っています。

  このうち、県央地域振興センターでは、管内の4市1町(鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市及び伊奈町)と協働して、継続的に移住・定住の促進や地域の魅力のPRに取り組んでいます。

  取組を進めるに当たり、県政サポーターの皆さんに、これまでの取組や、今後の取組方法などについてご意見を伺い、今後の参考とさせていただくため、アンケートを実施しました。

 

3  調査結果

  移住・定住の促進にあたり、平成28年度に県と県央地域の4市1町(鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市及び伊奈町)が協働して、子育て世代向けガイドブック「埼玉県央ライフブック」を作成しました。

  今回のアンケートには、実際に「埼玉県央ライフブック」をご覧いただいて回答いただく設問があり、以下のリンクからご覧いただいた上で、回答をお願いしました。

埼玉県央ライフブック(PDF:5,894KB)※配布先は当センターホームページで御覧になれます。

 

「埼玉県央ライフブック」を知っていたか

 →「知らなかった」が9割半ば(95.6%)
質問1
  あなたは「埼玉県央ライフブック」を知っていましたか。

  

  「埼玉県央ライフブック」を知っていたか尋ねたところ、「知らなかった」が9割半ば(95.6%)となり、「知っていた」と回答した方は4.4%にとどまりました。 

 

→「公共施設で目にした」が5割半ば(55.4%)
質問1-2(質問1で「知っていた」と回答した方のみ)
  あなたは「埼玉県央ライフブック」をどこで目にしましたか(あてはまるものすべて)。

  

   質問1で「知っていた」と回答した方に「埼玉県央ライフブック」をどこで目にしたか尋ねたところ、公共施設が5割半ば(55.4%)と最も多く、「インターネット」が3割強(33.7%)、「書店」が1割半ば(15.8%)と続きました。

 

ライフブックの感想

→「魅力を伝えていると思う(計)」が7割強(70.6%)
質問2
  「埼玉県央ライフブック」は地域の魅力を伝えていると思いますか。

 

   「埼玉県央ライフブック」は地域の魅力を伝えていると思うか尋ねたところ、「思う」又は「どちらかといえばそう思う」を合わせた『魅力を伝えていると思う(計)』は7割強(70.6%)、「どちらかといえばそう思わない」又は「そうは思わない」を合わせた『魅力を伝えているとは思わない(計)』は3割弱(29.5%)でした。

 

→「住んでみたいと思う(計)」が5割弱(49.6%)
質問3
  「埼玉県央ライフブック」をご覧になって、この地域に住んでみたいと思いましたか。

 

  「埼玉県央ライフブック」をご覧になって、この地域に住んでみたいと思ったか尋ねたところ、「思う」又は「どちらといえばそう思う」を合わせた『住んでみたいと思う(計)』は5割弱(49.6%)、「どちらといえばそう思わない」又は「そうは思わない」を合わせた『住んでみたいと思わない(計)』は5割強(50.4%)でした。

 

 →県央地域について特に印象に残った点は「子供の遊ぶ場所が多い」「都心へアクセスしやすい」「身近に自然が残されている」
質問4
  「埼玉県央ライフブック」をご覧になって、県央地域について特に印象に残った点について教えてください(あてはまるもの3つまで)。

 

  「埼玉県央ライフブック」をご覧になって、県央地域について特に印象に残った点について尋ねたところ、「自然や公園、児童館など、子供の遊ぶ場所が多い」を挙げた方が3割半ば超(37.1%)と最も多かったです。次いで「都心にアクセスしやすく、仕事や通勤に便利」を挙げた方が3割半ば超(36.2%)、「身近な場所に緑豊かな自然が残されている」を挙げた方が3割弱(28.6%)と続きました。 

 

現在お住まいの地域について思うこと

→「現在のお住まいの地域について思う」こととして、「交通の便がよい」「自然環境がよい」「日常生活が便利」を挙げた人がそれぞれ4割以上
質問5
  あなたが現在お住まいの地域について、どのような地域だと思いますか。選択肢からお選びください(あてはまるものすべて)。  

 

  現在お住まいの地域について、どのような地域だと思うか尋ねたところ、 「交通の便がよい」を挙げた方が最も多く、4割半ば超(47.2%)でした。次いで「自然環境がよい」が4割強(43.1%)、「買い物や外食など日常生活が便利」を挙げた方が4割強(42.2%)と続きました。

 

→「移住・定住対策」として「日常生活をしやすくする」を挙げた人が4割強(44.8%)
質問6
  現在お住まいの地域への移住・定住を進めるために、どのような対策が重要だと思いますか。
特に重要だと思うものを3つまで選択してください。

 

  現在お住まいの地域への移住・定住を進めるために重要だと思う対策について尋ねたところ、「買い物の利便性向上や市内公共交通機関の整備など日常生活をしやすくする」を挙げた方が最も多く、4割半ば(44.8%)でした。次いで「子供を産みやすく、育てやすい環境を整備する」が3割半ば(35.3%)、「行政サービス(保健・福祉・教育など)を充実させる」が3割強(33.3%)と続きました。

 

自由意見

質問7
  お住まいの地域への移住・定住についてご意見等がありましたら、自由にお書きください。

自由意見(PDF:708KB)


 

 

お問い合わせ

企画財政部 県央地域振興センター 地域振興担当

郵便番号362-0002 埼玉県上尾市大字南239番地1 埼玉県上尾地方庁舎1階

ファックス:048-777-1166

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?