Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県概要 > 組織案内 > 企画財政部 > 企画財政部の地域機関 > 南西部地域振興センター > 県民生活 > 意見交換会「NPOと商業者が連携したらどんないいことがあるか?」

ここから本文です。

 

掲載日:2017年2月17日

意見交換会「NPOと商業者が連携したらどんないいことがあるか?」

平成28年7月28日(水曜日)、彩の国南西部地域NPO連絡会主催の意見交換会「NPOと商業者が連携したらどんないいことがあるか?」が行われました。

まず、NPO法人と商業者それぞれ2名より、(1)仕事の目標、(2)目標達成に広告広報は必要か、またどうなら良いか、(3)広告広報の問題や課題について事例発表がありました。

 事例発表の様子  

                          

その後、4人ずつのグループに分かれて、事例発表の内容を踏まえ、活発な意見交換が行われました。

あるグループでは、「NPO法人・商業者に共通して目標を達成するためには広告広報が必要であり、またその中でも口コミが最も重要だ」という意見が出ました。

さらに、「NPO法人と商業者がそれぞれの情報を共有することで、その地域に住む人たちの特徴をつかんだ、より精度の高い広報ができる」と議論を深めていました。

           意見交換の様子       

 

意見交換会「NPOと商業者が連携したらどんないいことがあるか?」の日時、会場、内容等について

日時

平成28年7月27日(水曜日)午前10時00分から午後1時00分

会場

志木サテライトオフィス

内容

意見交換会

概要

  • 事例発表

NPO法人あさか市民大学、NPO法人富士見市民大学、有限会社アトラス代表取締役・

シューフィット SEKINE店主・ぺあもーる商店会会長 関根孝夫、株式会社くらしの友

埼玉営業所 営業推進室 安田昌子

  • 意見交換
  • 結果

お問い合わせ

企画財政部 南西部地域振興センター  

郵便番号351-0025 埼玉県朝霞市三原一丁目3番1号 埼玉県朝霞地方庁舎2階

ファックス:048-451-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?